ロールベース サポートからの移行

このページでは、Google Cloud Console を使用してロールベース サポートからスタンダード サポートまたはエンハンスト サポートに移行する方法について説明します。

始める前に

  • Google Cloud 組織と、組織の組織管理者roles/resourcemanager.organizationAdmin)ロールが必要です。

    組織を作成してロールを追加するには、組織の作成と管理をご覧ください。

    既存の組織に対するロールがない場合は、組織の管理者にアクセス権の付与を依頼してください。

  • サポートの基本料金を支払うには Cloud 請求先アカウントが必要です。

    アカウントを作成するには、Cloud 請求先アカウントの作成、変更、閉鎖をご覧ください。

  • Identity and Access Management(IAM)を設定して、組織内のユーザーがサポートにアクセスする方法を管理する必要があります。IAM を設定するには、アクセス制御をご覧ください。

Identity and Access Management(IAM)を設定する

スタンダード サポートとエンハンスト サポートを使用するには、Identity and Access Management(IAM)を設定する必要があります。

現在のロールベース サポート ユーザーを IAM のロールに変換するには、ロールベース サポート ユーザーの CSV ファイルをダウンロードし、そのファイルを使用してユーザーに付与する IAM のロールを決定します。

ロールベース サポート ユーザーのリストをダウンロードする

  1. Google Cloud Console で、[サポート] ページに移動します。
    [サポート] ページに移動

  2. [設定] を選択します。

  3. ダッシュボードで、ロールベース サポート ユーザーのテーブルを表示し、[CSV 形式でダウンロード] をクリックします。

ロールベース サポート ユーザーに IAM のロールを付与する

IAM を設定するには、アクセス制御をご覧ください。

サービスを購入する

スタンダード サポートまたはエンハンスト サポートを購入するには:

  1. Google Cloud Console で、[サポート] ページに移動します。
    [サポート] ページに移動

  2. [概要] をクリックしてダッシュボードを表示します。

  3. [サポート情報] カードに移動し、[サポート サービスを表示] を選択します。

  4. [エンハンスト サポート] または [スタンダード サポート] の下にある [今すぐ購入] をクリックします。

  5. プルダウン リストから、サービスの Google Cloud 組織リソースを選択します。[続行] をクリックします。

  6. プルダウン リストで、サポート サービスの基本料金の Cloud 請求先アカウントを選択します。

  7. 利用規約を確認し、同意します。

  8. [購入を完了] をクリックします。

サポート機能を設定する

サポート機能を設定するには、サービスに基づいて次のドキュメントを参照してください。

機能を設定したら、サポートの使用を開始できます。Google Cloud サポート センター(GCSC)から Google Cloud Console に移行したサポートケースの表示と管理を行えます。

次のステップ