Google Cloud サポートを利用する

Google Cloud または G Suite をご利用の場合は、Cloud サポートプランにお申込みいただき、現在ご利用いただけるサポートプランをご確認ください。技術的な問題とお支払いに関する問題については、サポートチームの直接サポートをリクエストいただくことができます。

サポートプランの概要

Google Cloud をご利用の場合は、無料の基本サポート、ロールベース サポート、プレミアム サポートの 3 つの中から Cloud サポートプランをお選びいただけます。

G Suite をご利用の場合は、無料テクニカル サポートを利用できます。また、プレミアム サポートプランをご購入いただくこともできます。

基本サポート

基本サポートでは、Google Cloud や G Suite に関する無料サポートをご利用いただけます。無料サポートにはサポート プロダクトのドキュメントコミュニティ サポート請求に関するサポート、サポートケースへの読み取り専用アクセスなどが含まれます。

ロールベース サポート

ロールベール サポートでは、サービスの停止と不具合、予期しないプロダクトの動作、プロダクトの使用方法、課金、機能リクエストなどについて 1 対 1 のテクニカル サポートを利用できます。

サポートの利用資格は、開発環境および本番環境における各サポート ユーザーのロールごとに構成できます。

このサポートプランは、Google Cloud をお使いのお客様のみが利用できます。

プレミアム サポート

プレミアム サポートでは、停止と不具合、予期しないプロダクトの動作、プロダクトの使用方法、課金、機能リクエストなどについて無制限の 1 対 1 のテクニカル サポートを利用できます。

また、専任のテクニカル アカウント マネージャーがお客様のサポート窓口を務めます。プレミアム サポートで利用できるシステムとサービスの詳細については、プレミアム サポートの特長をご覧ください。

このサポートプランは、Google Cloud および G Suite をお使いのお客様が利用できます。

適切なサポートプランを決定する

サポートが必要になる前にサポートをセットアップしておくことを強くおすすめします。その際には、ロールベース サポートプランとプレミアム サポートプランを比較することをおすすめします。

Google Cloud の現在のサポートレベルを確認する⼿順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console の [サポート] ページにログインします。

    Cloud Console の [サポート] ページにログイン

  2. 現在のサポートプランが [サポート] ページの上部に表示されます。サポートプランには、基本、ロールベース、エンタープライズ、プレミアムの 4 種類があります。

サポートの登録方法

G Suite をご利用の場合、選択済みのサポートプランを変更できるのは特権管理者のみです。

Google Cloud をご利用の場合、現在の Cloud 請求先アカウントにリンクされているすべてのプロジェクトにサポートプランが適用されるため、選択済みのサポートプランを変更できるのは、Cloud 請求先アカウント管理者に限られます。詳しくは、Cloud 請求先アカウントの作成、変更、閉鎖Cloud Billing のアクセス制御の概要、および Cloud Billing リソースの組織化とアクセス管理をご覧ください。

または、プロジェクトにリストされているいずれかの Cloud Billing 管理者にサポートプランの登録について相談することもできます。この場合、Cloud Billing 管理者が、サポートプランを確認して登録できます。

ロールベース サポートに申し込むには、Google Cloud Console の [サポート] ページにログインし、プランを選択します。

Cloud Console の [サポート] ページにログイン

プレミアム サポートを検討されている場合はお問い合わせください。

技術サポートへのお問い合わせ

サポートプランの登録後、サポートを利用できるようになります。

ロールベース サポートとプレミアム サポート(デフォルトのプラン)については、サポートケース管理の詳細をご覧ください

休日の対応可否と応答時間については、言語サポートと業務時間サポート ガイドラインG Suite サポート ガイドラインをご覧ください。

サービス障害の詳細

既知のサービス中断の完全なリストについては、Google クラウド ステータス ダッシュボードをご覧ください。Google Cloud インシデントの JSON フィードRSS フィードを購読して、更新情報をプッシュ通知で入手することもできます。