Google Cloud Platform の機能の拡張

Google Cloud Platform パートナーは、障害復旧、バックアップとアーカイブ、ハイブリッド クラウドの各ソリューションに対応した業界をリードするプロダクトを Cloud Storage と統合しています。統合は、すべての Cloud Storage クラスで一貫したオープン API を使用することで行われています。

バックアップ、アーカイブ、障害復旧

Veritas Information Map、Veritas NetBackup を Google Cloud Platform と組み合わせると、グローバルな規模で Google Cloud へ移行する際にも、データをきめ細かく把握し、制御することが可能です。Veritas は Google と連携し、世界中で情報管理を支援しています。

Carbonite のソリューションは、高可用性およびデータ移行をサポートする DoubleTake を搭載しており、クリティカルなシステムにも対応します。このソリューションを使用すると、データ、アプリケーション、およびサーバー全体を Google Cloud Platform に移行するプロセスを、簡単に自動化することができます。さらに、ワークロードをクラウドに移行した後は、同社の高可用性ソリューションにより、データを世界中でセカンダリ ストレージに常時複製し、ダウンタイムやデータロスを防ぎます。物理的環境、仮想環境、クラウド環境に対応しているのが特徴で、これらが混在している IT 環境でのデータ保護ソリューションとして理想的です。

CloudBerry Backup は、Google Cloud Storage を活用するクラウド バックアップ ソリューションです。リアルタイムおよび定期的なバックアップに対応するほか、ブロックレベルのバックアップを採用しており、効率を最大限まで高められます。さらに、リモートから各バックアップや復旧計画を追跡する監視機能を備えているほか、暗号化機能、ローカル ディスク イメージ、ベアメタル復旧サービスも提供しています。

Actifio のソリューションを使用すると、ビジネスの耐障害性や俊敏性に関するあらゆる使用事例において、アプリケーション データのキャプチャ、管理、使用を今までよりもさらに迅速に、効率的に、かつシンプルに行うことができます。受賞歴のある Actifio のエンタープライズ コピーデータ仮想化プラットフォームを使用して、企業データを Google Cloud Storage に保存する作業を大幅に簡素化することができます。

StorReduce のインラインの重複排除ソフトウェアを使用すると、クラウド インターフェースを通じて、テラバイト、ペタバイト規模のデータを Coldline などの Google Cloud Storage クラスに移行できます。移行した後は、このデータに対して検索機能などのクラウド サービスを使用することができます。StorReduce は、主要なバックアップ アプリケーションをすべてサポートしており、NetBackup 7.7 以降のコンソールで動作します。同社の技術を使うと、他のクラウド ゲートウェイに比べてハードウェア コストを大幅に削減できるだけでなく、移行後のデータをクラウド サービスで使用できるというメリットも得られます。総所有コスト(TCO)計算ツールや詳しい情報については、storreduce.com/coldline をご覧ください。

Datos IO のソリューションは、データ保護を巡る課題に対応し、次世代アプリケーションのデプロイやスケールにつきもののデータロスなどの心配を取り除きます。同社の RecoverX は、Apache Cassandra、DataStax Enterprise、MongoDB などの非リレーショナル データベースに対応し、これらのバックアップや復旧をサポート。データ破損や、災害、人為的ミスに備えます。RecoverX を使うと、データをわずか数分ほどで復旧できるのに加え、セカンダリ ストレージのコストを最大で 70% 削減することも可能です。これらを通じて、アプリケーションの所有者や DevOps チームの生産性向上に貢献します。

Cohesity は、エンタープライズ向けに高度集約型のセカンダリ ストレージ システムを提供します。オンプレミスとパブリック クラウドに対応し、断片化した効率の悪いセカンダリ ストレージをまとめて、まるで自由に伸縮するかのようなストレージ プラットフォームへと変化させます。これにより、インフラストラクチャとリソースが飛躍的に管理しやすくなります。また、ポリシーベースの管理方式を採用しているため、プラットフォーム上で実行中のデータ保護処理に Google Cloud Storage を登録したり、割り当てたりするのも簡単です。

Retrospect のバックアップおよび復旧ソリューションを使用すると、小規模企業も簡単にセキュアで網羅的なデータ保護計画を構築できます。デスクトップ、ノートパソコン、サーバーが混在するクロス プラットフォームのネットワークに対応し、これらをオンサイトのストレージに自動バックアップして、すばやく簡単にアクセスできるようにしたり、オフサイトの Google Cloud Storage にアーカイブして、オフィスでの災害に備えたりすることができます。これにより、企業をデータロスによる損失から守ります。

Mirantis は、OpenStack などのオープンソース テクノロジーを用いて、プライベートのクラウド インフラストラクチャの構築と管理を支援するサービスを提供しており、その顧客には数々の大手企業が名前を連ねています。同社は OpenStack の最有力コントリビュータとして認知されており、構築、運用、譲渡モデルに従って、OpenStack ディストリビューションやクラウド管理サービスを提供します。顧客がベンダー固有の技術にとらわれることなく、オープンソースの革新的技術を利用できるようにする手腕に定評があります。また、同社は Google と連携し、Google Cloud Storage への OpenStack ボリュームのバックアップを可能にしています。

Versity は、ペタバイトにおよぶ大規模データのアーカイブ ソリューションを提供しており、その顧客には大手エンタープライズや政府などのファイルへの依存度が高い組織が多く含まれています。多様なストレージ システムやストレージ メディアを駆使して複数のコピーを保持することにより、データ ストレージのコストを抑えるとともに、長期間のデータ保存を可能にします。データの保存先として、Google Cloud Storage を簡単かつ透過的に選択することもできます。データ保存先のテープやディスク、クラウドをまとめてシームレスに管理することができる、ファイルの扱いやすさを重視した統合型のデータ ストレージ ソリューションです。

Veeam® は、24 時間 365 日体制での運営という新たな課題に直面する世界中の企業のニーズに応え、 Always-On Enterprise™ を打ち出しました。 同社は、Availability for the Always-On Enterprise™ の新市場を切り拓きました。これは RTPO™、つまり復旧時間(Recovery Time)と目標復旧時点(Recovery Point Objectives)を、全アプリケーションとデータについて 15 分以内に抑えることを目指すもので、その方法として、根本的に新しいソリューションが採用されています。 Veeam Availability Platform for the Hybrid Cloud は、あらゆる規模の企業が、仮想環境、物理環境、クラウドベースのワークロードで Availability を活用し、時間節約とリスク軽減に貢献するとともに、資本コストと運用コストを大幅に削減するためのプラットフォームです。Veeam は、顧客の現在の目標はもちろん、将来的な目標も達成することを目指し、サポートを提供し続けています。

DataFrameworks の ClarityNow ソフトウェアは、多様なストレージに分散するペタバイト規模のファイルの管理方法を変革します。特に、高度なコンテンツやリッチ コンテンツなど、大量データを扱うワークフローに適しています。同社の顧客には、Tesla、Disney、Synopsys、Illumina、DreamWorks、IMAX などが名を連ねます。

Sureline は、仮想環境、クラウド、物理環境、コンテナまで、あらゆるアプリケーションとサーバーに対応し、ボタンを押すだけの簡単操作でこれらの移行と復旧を実現します。SUREedge DR では、アクセス頻度の低い障害復旧用イメージを Google Cloud Storage Coldline に保存することも可能です。

CloudEndure の障害復旧およびライブ移行ソリューションは、あらゆるアプリケーションに対応し、アプリケーション全体をクラウド間で移行する際のダウンタイムをほぼゼロに抑えるとともに、データロスを防止します。高い整合性と、ブロックレベルかつリアルタイムの複製処理を特徴としており、データが継続的に保護されます。同社の Cloud Workload Mobility は、アプリケーション全体の正確なコピーをクラウドの別ロケーションに作成するテクノロジーで、簡単なボタン操作だけで、わずか数分で最新データをコピーすることが可能です。

Rubrik はアプリケーションの即時可用性を可能にし、データ保護、検索、分析、アーカイブ、コピーデータ管理を行うことができます。市場をリードする同社の Cloud Data Management プラットフォームは、ハイブリッド クラウド企業にとって魅力のあるシンプルなプラットフォーム、即時データアクセス、アプリのモビリティ、ポリシー駆動型の自動化、ランサムウェア保護、大規模な分析といった数々のメリットを備えています。

Rubrik

Dell EMC データ保護ソフトウェアはクラウド対応であり、データを包括的に保護し、環境全体のバックアップやリカバリに優れた威力を発揮します。アプリケーションがオンプレミスまたは GCP のいずれで稼働するかにかかわらず、トップクラスのデータ保護を提供します。また、クライアントやアプリケーション サーバーのインスタンスから Google Cloud Storage に直接バックアップが行われるため、メディア サーバーのボトルネックが発生しません。Dell EMC データ保護ソフトウェアでは、効果的な重複除去と圧縮がクライアント側で行われるため、バックアップのパフォーマンスとスループットが向上し、オブジェクト ストレージの消費も抑えられます。

Dell EMC

ファイル システムとゲートウェイ

Avere のハイブリッド型クラウド プラットフォームを使用すると、既存の NAS アーキテクチャを Google Compute Engine や Google Cloud Storage に柔軟、俊敏に統合できるようになります。オンプレミスのデータ ストレージと Google Cloud Storage の間でデータファイルをやりとりするのも簡単です。また、ローカル ストレージとクラウドベース ストレージを Google Compute Engine インスタンスで使用できるので、コンピューティングをクラウドに移行するクラウド バーストにも役立ちます。

NetApp® AltaVault™ は安全で効率の良い、マルチクラウド型のバックアップ ソリューションです。わずか 30 分足らずで Google Cloud Storage によるバックアップを開始することが可能で、従来のオンプレミスのソリューションに比べ、最大で 90% バックアップ コストを削減できます。 また、NetApp AltaVault は同社の Data Fabric プラットフォームに含まれているので、ハイブリッド型のクラウド環境を自由に選択し、制御できるというメリットも得られます。

Egnyte の Enterprise File Sync and Share(EFSS)Services は、IT やビジネスのニーズを予想し、オンプレミスや Google Cloud Storage 上のファイルへのアクセスと共有を、簡単かつセキュアに、インテリジェントに行えるのが特徴です。さまざまな場所にあるファイルをまとめて把握して管理できるのに加え、柔軟性もきわめて優れているので、社内外でのコラボレーションに役立つのはもちろん、過去から将来まで無駄のないインフラ投資を実現できます。Egnyte Connect を使うと、Google ドキュメントとも連携することが可能です。

Elastifile のクロスクラウド型データ ファブリックは、オンプレミスやインクラウド、そしてハイブリッド型のクラウドでのデータ格納と管理に役立ちます。自由なスケーラビリティとフラッシュ ネイティブを特徴とするオブジェクト ベースの分散ファイル システムを採用しているので、POSIX 準拠の NFS ファイル サービスを通じて世界中のデータに一括アクセスできるのはもちろん、高いパフォーマンスも実現します。従来のオンプレミスのサイロからデータを解放し、異なるサイトやクラウド間でスムーズなアプリケーション動作を実現。これにより、Google Cloud Platform をシームレスに活用する企業が、データ駆動型の多様なワークフローを強化し、高速化できるようになります。活用例としては、アナリティクス、DevOps、データ アーカイブ、高パフォーマンス コンピューティングなどの分野が挙げられます。

Komprise のソリューションは、Google Cloud Storage の全層と既存のオンプレミス ストレージを活用して、データのライフサイクルをシームレスに管理できるのが特徴です。これにより、コストを 70% 以上削減することも可能です。無料トライアルでは、Google Cloud Storage に移行可能なデータ量の見積もりと、ROI の予測値を 15 分以内に提供しています。

データ移行

Google Cloud Storage とデータをやりとりしたり、同期およびバックアップしたりするのに役立つソリューションをご紹介します。 Cloud FastPath は、Google Cloud Storage やオンプレミスのファイル システム、その他のクラウド ストレージ プロバイダ間でのデータ転送を完全に自動化するサービスを提供しており、簡単で高速、セキュアなデータのやりとりを実現します。一度限りの一括データ転送から継続的なデータ パイプラインまで、数回クリックするだけの簡単操作でセットアップすることが可能です。また、WAN 最適化や、クラウドベースの集中コントロール パネル、データ転送前後のレポート作成機能なども備えています。さらに、移動中のデータはすべて暗号化されるほか、データフローはシステム間で直接行われるため、ステージングやキャッシングは不要です。

Aspera の次世代型トランスポート テクノロジーとソリューションを使用すると、ファイルサイズや転送距離、ネットワークの状況にかかわらず、ビッグデータやデジタル コンテンツを高速転送することが可能になります。同社の転送プラットフォームおよびソフトウェア ソリューションは特許取得済みの FASP® トランスポート テクノロジーを基軸としており、クラウドやオンプレミスのインフラを通じて大きなファイルやデータセットをグローバルにやりとりすることができ、FTP やその他の TCP ベースの転送製品に比べて数百倍に達する転送速度を実現します。Aspera は、ソフトウェア製品に加えて、同社の製品を実装するための SDK プラットフォームやエンジニアリング サービスも提供しています。また、大企業から小規模企業までを相手に、戦略的な提携関係やパートナー関係を積極的に結んでいます。

Signiant は、インテリジェントなファイル転送の分野におけるトップレベルの企業です。標準的な IP ネットワークを通じて、大きなファイルを高速、安全、かつ確実に転送し、特にメディアやエンターテイメント業界におけるグローバルなコンテンツ サプライチェーン管理で威力を発揮します。オンプレミスとクラウド ネイティブの SaaS ソリューションを提供しており、さまざまなシステムやユーザー、クラウド間でペタバイト規模のデータをやりとりするために日々役立てられています。

ストレージ プラットフォーム

Cloudian HyperStore を使用すると、テラバイトからペタバイト規模のオンプレミス ストレージを Google Cloud Storage とシームレスに統合することができます。ポリシーベースのデータ移行方式を採用しているので、データタイプや年齢、アクセス頻度などのルールに基づいて Coldline にデータを移行することが可能です。また、データ移行後は Cloudian プラットフォームにメタデータ スタブが維持されるので、データ検索を高速に行えます。オンプレミス ストレージ、ルールベースの移行、高速検索といった特徴により、長期間に及ぶデータの格納、管理、取得を簡単に行えるようになります。

SwiftStack は、エンタープライズ向けのハイブリッド型クラウド ストレージに革新をもたらします。同社のソフトウェアを使うと、プライベートなデータセンターやパブリック クラウド間で自由にワークロードをやりとりできるのはもちろん、ペタバイト規模の非構造化データが単一の名前空間に配置されて、これらにユニバーサルにアクセスすることが可能となります。SwiftStack のストレージはファイル サービスやオブジェクト API 経由で操作することもできるので、コンテンツ配信やアクティブ アーカイブ、コラボレーションなど、さまざまなデータ中心型ワークフローで活用できます。また、会社の重要データは社内の IT 部門の管理下にとどめることができ、まずは小規模インフラにこれらの重要データを置くことからはじめて、次第に世界中の拠点にシームレスに拡大していくことが可能です。これにより、ペイ アズ ユー グロウ、つまり、拡張する分だけ費用を支払うという方式を、IT 管理下のオンプレミス リソースとパブリック クラウドで実現できます。

Zadara™ は、ファイル ブロックおよびオブジェクト形式の Storage as a Service(サービスとしてのストレージ)をエンタープライズに提供し、高いパフォーマンスと可用性を実現します。特許取得済みの、ソフトウェア定義された Zadara Storage Cloud を使用すると、マルチテナント エンタープライズの SAN や NAS、オブジェクト ストレージ テクノロジーを柔軟に提供し、ペタバイト規模のプライマリ ストレージやセカンダリ ストレージにすることが可能です。また、Google VM から Zadara のストレージにアクセスし、iSCSI として直接マウントしてブロック ストレージ(SAN)として利用したり、NFS と CIFS でファイル ストレージ(NAS)として使用したりすることもできます。

Igneous Hybrid Storage Cloud は、バックアップ、アーカイブ、データ ディスカバリを統合する最新のアプローチを採用しており、大規模ファイル システムにも対応します。既存の NAS とシームレスに統合し、オンプレミスのセカンダリ ストレージを 100 TB から 100 PB 規模まで拡張できるほか、Cloud Storage と連携させることで、俊敏性、コスト削減、データ保護といったメリットも得られます。

Synology のオペレーティング システムは、低コストと使いやすさが特徴のバックアップおよび同期ソリューションで、データの可用性向上に貢献します。Synology Cloud Sync を使うと、Synology NAS デバイスと Google Cloud Storage 間でリアルタイムにデータ転送を行い、タイムリーにデータを同期し、共有することが可能になります。一方、Synology Hyper Backup はバックアップ用のソリューションです。クロス バージョンの重複排除機能を備えており、複数バージョンのバックアップを効率良く格納できるほか、Google Cloud Storage と組み合わせて複数の RPO(目標復旧時点)からデータを復旧することも可能です。

コンテンツ配信

Fastly の Cloud Accelerator は、顧客のインフラストラクチャやアプリケーション ロジックを直接拡張できるソリューションです。これにより、コンテンツ配信の高速化や、バックエンド処理の最適化、インフラのコスト削減、拡張性の向上といったメリットが得られます。同社の技術を使用すると、Google Cloud Storage や Google Compute Engine を起点として設定できるほか、Origin Shield を使って、単一の POP(ポイント オブ プレゼンス)を定義し、ネットワーク全体でキャッシュミスを処理することが可能になります。

顧客指定の暗号鍵

パートナー各社から、顧客指定の暗号鍵を使用する方法が提供されています。顧客指定の暗号鍵は、Google Cloud Storage では CSEK(Customer-Supplied Encryption Keys)と呼ばれ、AES 暗号鍵などの 256 ビットの鍵を使用して、データを安全に保護できます。CSEK は、通常、規制が特に厳しい場合や、独自の鍵のマテリアルが要求される場合に使用されます。

Ionic Protect for Cloud Storage のプラットフォームには豊富な機能が備わっており、デベロッパーは Google Cloud Storage をネイティブに活用しながら、簡単かつシームレスに独自の暗号鍵を使用する環境を構築できます。

KeyNexus は、顧客指定の暗号鍵の導入を支援しており、Google Cloud Platform をはじめ、多様な BYOK(bring-your-own-key)のケースに対応します。たとば、SaaS、IaaS、モバイル、オンプレミスや、セキュアな REST API 経由など、さまざまな導入事例があります。プラットフォームに依存しない、集中型の鍵管理ソリューションは評価が高く、高可用性、スケーラビリティ、低レイテンシが重要となるさまざまな事例で、クラウド、オンプレミスにかかわらず幅広く採用されています。同社の技術により、CSEK(顧客指定の暗号鍵)を提供してサーバー側でデータを暗号化することが、Google Cloud Storage と Google Compute Engine で可能になります。

FIPS 140-2 レベル 3 認定ハードウェアを搭載した Thales nShield HSM では、高エントロピーの乱数発生器という強力なメソッドに基づいて、暗号鍵が生成されます。生成された鍵はクラウドにエクスポートされ、Google の CSEK(顧客指定の暗号鍵)機能で一回だけ使用されます。Thales nShield HSM と Google Cloud Platform を組み合わせて使用すると、自社の環境でクラウド用の暗号鍵を管理することができるので、鍵のマテリアルをきめ細かく制御できるようになります。