ストレージ クラス

このページでは、ストレージ クラスのコンセプトとストレージ クラス間の違いについて説明します。

主なコンセプト

  • オブジェクトに設定するストレージ クラスは、オブジェクトの可用性と料金モデルに影響します。

  • バケットを作成するときに、バケットのデフォルトのストレージ クラスを指定できます。オブジェクトをバケットに追加すると、明示的に設定しない限り、このストレージ クラスが継承されます。

    • バケットを作成するときにデフォルトのストレージ クラスを指定しない場合、そのバケットのデフォルトのストレージ クラスは Standard Storage に設定されます。

    • バケットのデフォルト ストレージ クラスの変更は、バケットにすでに存在しているオブジェクトには影響しません。

使用可能なストレージ クラス

次の表に、Cloud Storage で提供されるプライマリ ストレージ クラスの概要を示します。詳細については、クラスの説明をご覧ください。

ストレージ クラス API と gsutil の名前 最小保存期間 一般的な月間可用性 1
Standard Storage STANDARD なし
  • マルチリージョンとデュアルリージョンでは 99.99% を超える
  • リージョンでは 99.99%
Nearline Storage NEARLINE 30 日
  • マルチリージョンとデュアルリージョンでは 99.95%
  • リージョンでは 99.9%
Coldline Storage COLDLINE 90 日
  • マルチリージョンとデュアルリージョンでは 99.95%
  • リージョンでは 99.9%
Archive Storage ARCHIVE 365 日
  • マルチリージョンとデュアルリージョンでは 99.95%
  • リージョンでは 99.9%

1 各ストレージ クラスの可用性 SLA については、クラスの説明をご覧ください。

クラスの説明

すべてのストレージ クラスに以下が適用されます。

  • 最小オブジェクト サイズのない無制限ストレージ。
  • 世界中のユーザー補助と世界中のストレージの場所
  • 低レイテンシ(最初のバイトの転送時間は一般的に数十ミリ秒)。
  • 高い耐久性(99.999999999% の年間耐久性)。
  • データがマルチリージョンまたはデュアルリージョンに格納されている場合は、地域的な冗長性
  • Cloud Storage の機能、セキュリティ、ツール、API による一貫したエクスペリエンス。

Standard Storage

Standard Storage は、頻繁にアクセスされるデータ(「ホット」データ)や、短時間だけ保存されるデータに最適です。

リージョンで使用する場合、Standard Storage は、データを使用する Google Kubernetes Engine クラスタまたは Compute Engine インスタンスと同じ場所にデータを保存するのに適しています。リソースを共同で配置すると、大量のデータを使用する処理のパフォーマンスが最大化され、ネットワーク料金が削減されます。

デュアル リージョンで使用する場合、関連付けられたリージョンに配置された Google Cloud プロダクトにアクセスする際に、パフォーマンスが最適化されますが、地理的に離れた場所に保存されているデータの可用性も向上します。

マルチリージョンで使用する場合、Standard Storage はウェブサイトのコンテンツの配信、動画のストリーミング、インタラクティブなワークロードの実行、モバイル アプリケーションやゲーム アプリケーションをサポートするデータの提供に適しています。

可用性

Standard Storage のデータの可用性は次のとおりです。

ロケーション タイプ 可用性 SLA1 一般的な月間可用性
マルチリージョン 99.95% 99.99% を上回る
デュアルリージョン 99.95% 99.99% を上回る
リージョン 99.9% 99.99%

1 SLA で保証される可用性とは、Cloud Storage SLA により保証される各月の稼働率のことです。この稼働率が達成されなかった場合は、Cloud Storage SLA に記載された内容に従って返金を受けることができます。

Nearline Storage

Nearline Storage は、頻繁にアクセスされるデータを保存するための低コストで耐久性に優れたストレージ サービスです。可用性が若干低く、最小保存期間が 30 日で、データアクセスで費用が発生しても、保存時のストレージ コストを抑えたい場合には、Standard Storage よりも Nearline Storage のほうが最適な選択肢となります。

Nearline Storage は、読み取りまたは変更を月に 1 回程度しか行わないデータに適しています。たとえば、Cloud Storage にファイルを継続的に追加し、これらのファイルを月に 1 回分析で使用する場合には、Nearline Storage が最適な選択肢です。

また、Nearline Storage は、データのバックアップ、ロングテールのマルチメディア コンテンツ、データ アーカイブにも適しています。ただし、保存されたデータに四半期に 1 回程度しかアクセスしない場合、Coldline Storage または Archive Storage が最もコスト効率のよい選択肢となります。このクラスは、ストレージ費用がより安くなります。

可用性

Nearline Storage のデータの可用性は次のとおりです。

ロケーション タイプ 可用性 SLA1 一般的な月間可用性
マルチリージョン 99.9% 99.95%
デュアルリージョン 99.9% 99.95%
リージョン 99.0% 99.9%

1 SLA で保証される可用性とは、Cloud Storage SLA により保証される各月の稼働率のことです。この稼働率が達成されなかった場合は、Cloud Storage SLA に記載された内容に従って返金を受けることができます。

Coldline Storage

Coldline Storage は、アクセス頻度の低いデータの保存に適した低コストで耐久性の高いストレージ サービスです。可用性が低めで、最小保存期間が 90 日で、データアクセスの費用が高くても、保存時のストレージ コストを抑えたい場合には、Standard Storage や Nearline Storage よりも Coldline Storage のほうが最適な選択肢となります。

Coldline Storage は、四半期に 1 回程度しか読み取りや変更を行わないデータに適しています。ただし、バックアップやアーカイブ プロセス用にデータを完全に保持する場合、Archive Storage のほうがストレージ費用が最も安くなるため、最もコスト効率の良い選択肢となります。

可用性

Coldline Storage のデータの可用性は次のとおりです。

ロケーション タイプ 可用性 SLA1 一般的な月間可用性
マルチリージョン 99.9% 99.95%
デュアルリージョン 99.9% 99.95%
リージョン 99.0% 99.9%

1 SLA で保証される可用性とは、Cloud Storage SLA により保証される各月の稼働率のことです。この稼働率が達成されなかった場合は、Cloud Storage SLA に記載された内容に従って返金を受けることができます。

Archive Storage

Archive Storage は、データ アーカイブ、オンライン バックアップ、障害復旧のための最も低コストで、耐久性に優れたストレージ サービスです。他の Cloud プロバイダによって提供されている「最もコールドな」ストレージ サービスと異なり、データに迅速にアクセスできます。必要なデータの取得に数時間あるいは数日かかることはありません。

その他の Cloud Storage ストレージ クラスとは異なり、Archive Storage には可用性 SLA はありませんが、一般的な可用性は Nearline Storage や Coldline Storage と同等です。また、Archive Storage はデータアクセスと操作に関する費用が高く、365 日間という最小保存期間もあります。Archive Storage は、1 年間に 1 回未満しかアクセスしないデータに最適です。例:

  • コールドデータ ストレージ - 法的または規制上の理由で保存されているデータなど、アーカイブされたデータを Archive Storage として低コストで保存でき、必要な場合は使用できます。

  • 障害復旧 - 障害復旧イベントでは、復旧にかかる時間が重要です。Cloud Storage では、Archive Storage として保存されているデータに低レイテンシでアクセスできます。

可用性

Archive Storage のデータの可用性は次のとおりです。

ロケーション タイプ 可用性 SLA1 一般的な月間可用性
マルチリージョン なし 99.95%
デュアルリージョン なし 99.95%
リージョン なし 99.9%

1 SLA で保証される可用性とは、Cloud Storage SLA により保証される各月の稼働率のことです。他のストレージ クラスとは異なり、Archive Storage には可用性 SLA はありません。

追加クラス

Cloud Storage は複数の追加のストレージ クラスをサポートしていますが、Cloud Console を使用してこれらのクラスを設定することはできません。これらの追加クラスのいずれかをすでに使用している場合を除き、代わりに Standard Storage を使用する必要があります。

  • Multi-Regional Storage: Standard Storage と同等ですが、Multi-Regional Storage はマルチリージョンまたはデュアルリージョンに格納されているオブジェクトにのみ使用できる点が異なります。

  • Regional Storage: Standard Storage と同等ですが、Regional Storage はリージョンに格納されているオブジェクトにのみ使用できる点が異なります。

  • Durable Reduced Availability(DRA)Storage: Standard Storage と同等ですが、以下の点が異なります。

    • DRA では、オペレーション料金が高額になります。
    • DRA はパフォーマンス、特に可用性の点で下回ります(DRA の可用性は 99% です)。

    ストレージ転送を実行すると、DRA のデータを別のストレージ クラスに移動できます。

次のステップ