認証情報を使用しない一般公開データへのアクセス

概要

gsutil を使用すると、認証情報を取得せずに、一般公開の読み取り可能データにアクセスできます。たとえば、gs://uspto-pair バケットには、一般公開の読み取り可能オブジェクトが数多く含まれています。認証情報を取得せずに、次のコマンドを実行できます。

gsutil ls gs://uspto-pair/applications/0800401*

一般公開の読み取り可能オブジェクトをダウンロードすることもできます。

データ保護の詳細については、gsutil help acls コマンドを実行してください。

認証情報の構成と使用

gsutil を使用して保護されたデータにアクセスするための認証情報を取得するには、次のコマンドを実行します。

  • gsutil の Google Cloud SDK ディストリビューションを使用している場合は gcloud init
  • gsutil のスタンドアロン ディストリビューションを使用している場合は gsutil config