データ暗号化オプション

Cloud Storage は、データをディスクに書き込む前に、追加料金なしで、常にサーバー側でデータを暗号化します。この標準の動作の他に、Cloud Storage の使用時にデータを暗号化することもできます。次のような暗号化オプションがあります。

  • サーバー側の暗号化: Cloud Storage がデータを受信した後で行われる暗号化で、データは暗号化された後でディスクに書き込まれて保存されます。

    • 顧客指定の暗号鍵: サーバー側の暗号化用に独自の暗号鍵を作成、管理できます。この暗号鍵は、標準の Cloud Storage 暗号化を強化する追加暗号化として機能します。

    • 顧客管理の暗号鍵: Cloud Key Management Service を使用して暗号鍵を生成、管理できます。この暗号鍵は、標準の Cloud Storage 暗号化を強化する追加暗号化として機能します。

  • クライアント側の暗号化: データが Cloud Storage に送信される前に暗号化が行われます。このようなデータは、暗号化された状態で Cloud Storage に送信されますが、サーバー側でも暗号化が行われます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。