インフラストラクチャとアプリケーションのパフォーマンスのモニタリング、トラブルシューティング、向上のために設計された Stackdriver
インフラストラクチャとアプリケーションのパフォーマンスをモニタリングしてトラブルシューティングを行い、パフォーマンスを向上させる

Stackdriver は Google Cloud に組み込まれた可観測性スイートです。クラウド インフラストラクチャ、ソフトウェア、アプリケーションのパフォーマンスをモニタリングしてトラブルシューティングを行い、パフォーマンスを向上させるために設計されています。Stackdriver を使用するとワークロードの構築や実行を効率的に行うことができ、アプリケーションのパフォーマンスと可用性を維持できます。

  • Google Cloud の内部 / 外部アプリ、プラットフォーム、サービス全体でシグナルを収集
  • オペレーション テレメトリーの分析とモニタリング
  • 適切なパフォーマンスと可用性のインジケーターを設定
  • 組み込まれた可観測性を利用して、アプリケーションをトラブルシューティングし、改善
  • すぐに使えるツールとプログラマティック インターフェースでカスタマイズされたツールを使用したオペレーションの自動化

主な機能

Ops、SecOps、SRE、DevOps 向け

リアルタイムでログを管理して分析

Stackdriver Logging は、数千もの VM からアプリケーションとシステムのログデータおよびカスタム ログデータを取り込むことができる、大規模実行が可能なフルマネージド サービスです。Stackdriver Logging では、選択したログを分析し、リアルタイムで長期保存のストレージにエクスポートできます。

Ops、SRE、DevOps 向け

大規模な組み込みの可観測性

Stackdriver Monitoring では、クラウドで実行されるアプリケーションのパフォーマンスや稼働時間、全体的な動作状況を参照できます。Stackdriver では、Google Cloud サービス、ホステッド アップタイム プローブ、アプリケーション インストゥルメンテーション、その他のさまざまなアプリケーション コンポーネントから、指標、イベント、メタデータが収集されます。

DevOps 向け

アプリケーション パフォーマンス管理ツール

Stackdriver アプリケーション パフォーマンス管理ツール(APM)には、レイテンシとコストを低減するツールが用意されており、さらに効率の高いアプリケーションを実行できます。TraceDebuggerProfiler により、コードとサービスの状態に関する分析情報を取得し、必要な場合にトラブルシューティングを実行できます。

すべての機能を表示

お客様の導入事例

ハイライト

  • Stackdriver Monitoring を使用して、インフラストラクチャ管理に費やされる時間を短縮

  • Stackdriver により、問題を事前に把握

  • Stackdriver の分析情報を活用し、データベースが RAM を過剰に消費していたり、ディスクが通常よりも早く容量不足になるなどの状況を特定

パートナー

その他の事例を見る

最新情報

ドキュメント

チュートリアル
Stackdriver Logging を使ってみる

Stackdriver Logging を開始する方法を学びます。

チュートリアル
Cloud 監査ログ

Cloud 監査ログで 3 つの監査ログ(管理アクティビティ、データアクセス、システム イベント)を保持する方法について説明します。

チュートリアル
Stackdriver Monitoring の使用を開始するには

ワークスペース、モニタリング エージェント、稼働時間チェック、その他の機能の使用方法について学習します。

アーキテクチャ
Google Cloud の指標

Stackdriver Monitoring がサポートする指標について学習します。

Google Cloud の基礎
概要: GKE に対する Stackdriver サポート

Google Kubernetes Engine のモニタリングの詳細を学習します。

一般的なユースケース

クラウド オペレーションの管理

統合されたロギング、モニタリング、アプリケーション パフォーマンス管理ツールを使用して、プラットフォームに可観測性を組み込みます。

ロギングとオペレーションの一元管理

統合されたロギングにより、開発、DevOps/SRE、セキュリティ チームにプラットフォーム イベントの重要な分析情報を提供します。短期のオペレーションと長期のログ解析のために、Google Cloud サービスおよび外部ソースからのログを取得します。統合された監査ログを使用して、詳細なフォレンジック分析を行います。リアルタイムのログ エクスポートを使用して、サードパーティのロギング システムを統合します。

Produced by OmniGraffle 7.10.1 2019-12-17 10:53:52 +0000 ロギングとオペレーションの一元化の図 レイヤ 1 ゾーン外部 - 青 ゾーン外部 - 緑 ゾーン外部 - 黄色 ゾーン外部 - 灰色 Stackdriver Log Storage 図形 塗りつぶし-3 塗りつぶし-4 塗りつぶし-4-2 塗りつぶし-4-3 塗りつぶし-7 Cloud Storage BigQuery ゾーン外部 - 灰色 • Log search & analysis • Log based metrics • Log error analysis • Dashboards from logs • Alerting from logs ゾーン外部 - 灰色 Anywhere… XMLID_5_ XMLID_4_ XMLID_3_ XMLID_2_ XMLID_1_ logs API Audit Logs logs API Service Logs App Logs Syslog Platform Logs Centralized Stackdriver Logging API 図形 塗りつぶし-3 塗りつぶし-4 塗りつぶし-4-2 塗りつぶし-4-3 塗りつぶし-7 Stackdriver Log Router 図形 ゾーン外部 - 灰色 Log Sinks - Inclusion Filters ゾーン外部 - 灰色 Exclusion Filters ゾーン外部 - 灰色 US$0.50/GB* ゾーン外部 - 灰色 Cost per service Pub/Sub

Stackdriver の統合されたロギングにより、監査ログ、プラットフォーム ログ、ユーザーログ、API に送信される外部ログを含むすべてのログを収集します。ログは、Stackdriver ログルーターに送信され、Stackdriver Logging、BigQuery、または Pub/Sub との統合を介して外部に配信されます。

アプリケーションとインフラストラクチャの可観測性の組み込み

統合された可観測性により、開発、DevOps/SRE、セキュリティ チームにプラットフォーム イベントの重要な分析情報を提供します。Stackdriver Monitoring では、一元管理されたダッシュボードとアラートにより、サービスを効率的に運用できます。統合されたロギングにより、脆弱性検出が強化され、セキュリティ チームとオペレーション チームはプロアクティブでインテリジェントなモニタリングが可能になります。Cloud Functions とデータ損失防止 API を使用して、ログ モニタリングをカスタマイズできます。

アプリケーションとインフラストラクチャへの可観測性の組み込みの図レイヤ 1GCP ロゴ塗りつぶし-3塗りつぶし-5塗りつぶし-7塗りつぶし-8塗りつぶし-9塗りつぶし-18塗りつぶし-19塗りつぶし-20塗りつぶし-21塗りつぶし-22塗りつぶし-23ゾーン内部 - 青Logging Export OptionsBigQueryCloud StorageSecurity Command Center図形楕円ゾーン外部 - 灰色Data CenterStorageComputeThird-party Log Provider図形_1_Stackdriver AlertStackdriver DashboardsOn-prem logsLogging Metricゾーン内部 - 青Google Cloud ProjectBigQueryCloud StorageCompute EngineGoogle Kubernetes Engine図形長方形 - パスCloud Functionscolored-32_functions図形colored-32_functions-2図形-2楕円楕円-2楕円-3Dataproc図形長方形 - パスゾーン内部 - 青Google Cloud ProjectPub/SubBigQueryCloud StorageCompute EngineGoogle Kubernetes Engine図形長方形 - パスAI Platform図形BindPlanePub/SubStackdriver Audit + Logging図形塗りつぶし-3塗りつぶし-4塗りつぶし-4-2塗りつぶし-4-3塗りつぶし-7Logs Router図形Event Threat Detectionゾーン外部 - 灰色Operations UsersUsers図形_1_ストローク-21ストローク-22Stackdriver Monitoring

Stackdriver のロギングとモニタリングのサービスにより、SRE/DevOps チームは、Google Cloud、オンプレミス、サードパーティ プロバイダのモニタリングに必要な可観測性が得られます。 Stackdriver は、Security Command Center との統合により、セキュリティ チームとオペレーション チームが必要とする分析情報を提供します。

BindPlane は Blue Medora の登録商標です。

アプリケーション パフォーマンス管理でレイテンシと非効率性を削減

Stackdriver のアプリケーション パフォーマンス管理ツールを使用して、アプリケーションのレイテンシと費用を低減させます。アプリケーションの本番環境での動作を詳細に把握することで、Google Cloud でホストされているかどうかにかかわらず、アプリケーションの迅速性と信頼性が改善します。Stackdriver Trace の分散トレースを使用して、リクエストがアプリケーションを通じて伝播されるようすを把握します。Trace は OpenCensus と統合されているため、すでに OpenCensus を使用していれば、Stackdriver バックエンドを選択する場合のように簡単に Trace を使用できます。Stackdriver Profiler を使用して、コードのレイテンシと非効率性を特定します。Stackdriver Debugger を使用して、本番環境でアプリケーションをトラブルシューティングします。アプリケーションを停止する必要はなく、速度が低下することもありません。

アプリケーション パフォーマンス管理でレイテンシと非効率性を削減レイヤ 1GCP ロゴ塗りつぶし-3塗りつぶし-5塗りつぶし-7塗りつぶし-8塗りつぶし-9塗りつぶし-18塗りつぶし-19塗りつぶし-20塗りつぶし-21塗りつぶし-22塗りつぶし-23ゾーン外部 - 灰色Data Center, third-party cloud providersComputeゾーン外部 - 灰色Developersゾーン外部 - 灰色DevOps/SREStackdriver Trace図形塗りつぶし-1図形-2塗りつぶし-1-2図形-3塗りつぶし-1-3Istio tracesOpenTelemetry tracesTraces, debugging, profiler telemetryTraces, debugging, profiler telemetryStackdriver Debuggerページ-1icon_debugDEBUG_SECTION図形Stackdriver Profilercolored-32_profilerグループ楕円楕円-2複合形状ゾーン内部 - 青Google Cloud ProjectCompute EngineGoogle Kubernetes Engine図形長方形 - パスApp Engine図形ゾーン内部 - 青Google Cloud ProjectCompute EngineGoogle Kubernetes Engine図形長方形 - パスApp Engine図形Google Cloud APM LibrariesIstioハルメインセールヘッドセールStackdriver APM APIs図形塗りつぶし-3塗りつぶし-4塗りつぶし-4-2塗りつぶし-4-3塗りつぶし-7Users図形_1_ストローク-21ストローク-22Users図形_1_ストローク-21ストローク-22OpenTelemetry

すべての機能

ログ管理 Stackdriver ログルーターを使用すると、ユーザーがログの送信先を制御できるようになります。監査ログ、プラットフォーム ログ、ユーザーログを含むすべてのログは、Stackdriver Logging API に送信され、ログルーターを通過します。ログルーターは、各ログエントリを既存のルールと照合して、破棄するログエントリ、取り込むログエントリ、エクスポートに含めるログエントリを決定します。
ログの詳細情報 Stackdriver Error Reporting は、クラウド アプリケーションのエラーを解析して集計します。新しいエラーが検出されると、通知します。
プロアクティブなモニタリング Stackdriver を使用すると、指標、ヘルスチェックや稼働時間チェックの結果が、指定した基準に達したときに通知するようにアラートのポリシーを作成できます。Slack や PagerDuty など、多くの通知チャネルと統合されています。
カスタムの可視化 Stackdriver Monitoring Dashboards では、すぐに使えるダッシュボードがデフォルトで用意されています。必要に応じて強力な可視化ツールを使い、独自のダッシュボードを作成することもできます。
ヘルスチェックのモニタリング Stackdriver Monitoring は、クラウド環境で実行しているウェブ アプリケーションや、その他のインターネットからアクセス可能なサービスに、エンドポイント チェックを提供します。URL、グループ、リソース(インスタンスやロードバランサなど)に対して稼働時間チェックを構成できます。
サービスのモニタリング Stackdriver Service Monitoring では、すぐに使用できるテレメトリーとダッシュボードが用意されています。それにより、トポロジとコンテキスト グラフによるコンテキストのトラブルシューティングに加えて、SLO とエラー バジェット管理による健全性モニタリングの自動化が可能になります。
レイテンシ管理 Stackdriver Trace は、App Engine 用にレイテンシのサンプリングを行い、URL ごとの統計とレイテンシの分布を含めてレポートします。
デバッグ Stackdriver Debugger は、リクエストを停止、遅延させることなく、本番環境でコードの任意の場所を確認し、アプリケーションの状態を調べることで、アプリケーションの本番データをソースコードに連動させます。
パフォーマンス管理とコスト管理 Stackdriver Profiler は、本番環境のアプリケーションのリソース消費を継続的にプロファイリングします。この情報を使って潜在的なパフォーマンスの問題を特定し、問題を解消できます。

料金

Stackdriver の料金体系は使用量と費用を管理できるように設計されています。料金は機能の実際の使用量に対してのみ発生します。

使用量に対する無料の割り当てが用意されているため、前払い費用やコミットメントなしで利用を開始できます。

料金の詳細を表示

パートナー

Stackdriver は、Google Cloud Platform のユーザーが広範な IT オペレーション、セキュリティ、コンプライアンス機能を利用できるよう、テクノロジー統合のエコシステムを拡大し続けています。