モデル適応の使用

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

モデル適応を使用すると、言語コンテキストを事前に作成して、Speech-to-Text モデルによる認識で音声文字変換の精度を向上させることができます。リストのカスタマイズが可能です。

Speech-to-Text API でカスタムクラス機能を利用できるようになりました。カスタムクラスを使用すると、関連コンセプトまたはオブジェクトのカスタムリストや、これらのリストの組み合わせを認識できるように、認識モデルにバイアスを適用できます。カスタムクラスを使用すると、音声文字変換の結果を微調整して、品質を向上させることができます。カスタムクラスは、Speech-to-Text ですでにサポートされている標準サポートのクラストークンと同じように動作します。