Console を使用したデータの挿入と変更

Google Cloud Console には、Cloud Spanne テーブル内のデータを挿入、編集、削除するためのインターフェースがあります。

テーブルを見つける

まず、Cloud Console で Cloud Spanner データのテーブルを開きます。

  1. Cloud Console で、[Cloud Spanner] ページに移動します。

    [Spanner] ページに移動

  2. インスタンスの名前をクリックします。インスタンスの概要ページが表示されます。

  3. このページの [データベース] リストで、データベースの名前をクリックします。

    インスタンスの概要に表示されるデータベースのスクリーンショット

  4. [テーブル] からテーブルの名前をクリックします。

    データベースの詳細ページに表示されるテーブルのスクリーンショット

  5. Cloud Console の左側のペインで、[Data] をクリックします。

    テーブルの詳細ページのスクリーンショット

このタブでテーブルの行を挿入、編集、および削除できます。詳細な手順については、以下を参照してください。

データの挿入

  1. テーブルの [データ] ページで、[挿入] をクリックします。

    Cloud Console は、テーブルに行を挿入してその挿入の結果を表示するために編集するテンプレート INSERTSELECT ステートメントを含む新しいクエリタブを含むテーブルの [クエリ] ページを表示します。

  2. INSERT ステートメントを目的の値に編集し、SELECT ステートメントの WHERE 句を挿入して、挿入する行の主キー値と一致するようにします。

    Cloud Spanner でサポートされる構文については、INSERT ステートメントリテラルをご覧ください。

  3. [実行] をクリックします。

    Cloud Spanner がステートメントを実行します。

データの編集

  1. テーブルの [データ] ページで、編集する行を選択し、[編集] をクリックします。

    Cloud Console は、テーブルの行を更新してその更新の結果を表示するために編集したテンプレート UPDATESELECT ステートメントを含む新しいクエリタブを含むテーブルの [クエリ] ページを表示します。両方のステートメントの WHERE 句が、編集対象として選択した行を示します。

  2. 実行する更新を反映するように UPDATE ステートメントを編集します。

    Cloud Spanner でサポートされる構文については、UPDATE ステートメントリテラルをご覧ください。

  3. [実行] をクリックします。

    Cloud Spanner がステートメントを実行します。

データの削除

  1. テーブルの [データ] ページで、削除する行を 1 つ以上選択し、[削除] をクリックします。

    特定の行を簡単に見つけるには、その主キーを [フィルタ] ボックスに入力します。

  2. [削除] をクリックした後で表示されるダイアログで、[確認] をクリックします。

    Cloud Console に表示されるテーブルのデータに、削除した行が含まれなくなります。

Cloud Spanner テーブルでデータを挿入および変更する操作の例については、Console を使用したクイックスタートをご覧ください。