Cloud Source Repositories の料金

このページには、Cloud Source Repositories の現在の料金と割り当てに関する情報が記載されています。

Always Free の使用上限

Google Cloud の無料枠の一部として、Cloud Source Repositories では、特定の上限まで無料でリソースを使用できます。この無料枠の使用量上限は、無料トライアル期間中だけでなく、期間終了後も適用されます。使用量上限を超えた場合や無料トライアル期間を過ぎた場合は、このページで説明する料金体系に沿って課金されます。

リソース 1 か月あたりの無料使用量上限 詳細
1 請求先アカウントあたりのプロジェクト ユーザー数 Cloud Source Repositories は、1 請求先アカウントあたり最大 5 名のプロジェクト ユーザーが無料で使用できます。

プロジェクト ユーザーは、1 つのプロジェクト内のリポジトリを読み取る、またはリポジトリを変更する一意のユーザーです。複数のプロジェクトから読み取りまたは変更を行う一意のユーザーは、複数のプロジェクト ユーザーとしてカウントされます。プロジェクトへのユーザー アクセスを許可しても、ユーザーがプロジェクト内のリポジトリにアクセスしない限り、料金は発生しません。

たとえば、1 つの請求先アカウントにリンクされている 2 つのプロジェクトがあり、あるユーザーが両方のプロジェクトのリポジトリにアクセスした場合、請求先アカウントでは 2 名のプロジェクト ユーザーとしてカウントされます。

3 つのリポジトリを含む 1 つのプロジェクトがあり、そのプロジェクト内の各リポジトリにアクセスした場合、1 人のプロジェクト ユーザーとしてカウントされます。

プロジェクト ユーザーは、ユーザーが Cloud Source Repositories に直接アクセスしたときにのみカウントされます。たとえば、リポジトリのミラーリングでは、Cloud Source Repositories プロジェクトに直接アクセスするユーザーだけがプロジェクト ユーザーとしてカウントされます。GitHub サーバーまたは Bitbucket サーバーのミラーリングされたリポジトリの読み取りや書き込みは、プロジェクトへのアクセスとしてカウントされず、課金も発生しません。

ストレージ Cloud Source Repositories では、月間 50 GB まで、ストレージを無料で利用できます。
下り(外向き)ネットワーク Cloud Source Repositories では、月間 50 GB まで、下りネットワークを無料で利用できます。

Cloud Source Repositories の料金

Cloud Source Repositories の料金は、月単位で請求されます。その月に請求対象のリポジトリで発生したアクティビティは、料金モデルに従って課金されます。

Cloud Source Repositories の料金は以下のとおりです。

リソース 料金 詳細
リポジトリの数 無料 Cloud Source Repositories は、作成したリポジトリの数によって課金されることはありませんが、リポジトリの割り当てと制限の対象となります。
プロジェクト ユーザー プロジェクト ユーザーが 5 名を超える場合は、1 人あたり月額 $1 プロジェクト ユーザーの料金は、日割り計算されません。新しいユニーク ユーザーがリポジトリの読み取りや変更を行った場合は、アクセスした日付に関係なく、月額料金が発生します。
ストレージの料金 50 GB を超える場合は、月額 1 GB あたり $0.10 ディスク ストレージは、日割り計算されます。
下り(外向き)ネットワークの料金 50 GB を超える場合は、下りネットワーク 1 GB あたり $0.10 下りネットワークの料金は、日割り計算されます。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

割り当てと上限

1 つの Google Cloud プロジェクトの最大リポジトリ数は 1,000 個です。

次のステップ