Stackdriver Debugger によるデバッグ

Stackdriver Debugger を使用すると、実行中のアプリケーションの停止や、実行速度の低下を招くことなく、リアルタイムでその状態を検査できます。

Cloud Source Repositories のリポジトリのソースカード

Stackdriver Debugger では、複数の言語と GCP プラットフォームからコードを自動的に検出できます。デバッガの設定方法は、アプリケーションで使用するプログラミング言語によって異なります。デバッガの設定方法については、これらの入門ガイドをご覧ください。

アプリケーションに Stackdriver Debugger を設定したら、次にソースコードを選択します。アプリケーションに応じて、Stackdriver Debugger にソースコードを自動的に選択させるか、ソースコードを手動で選択できます。

Stackdriver Debugger でコードが自動的に検出されない場合は、手動で選択できます。

  1. Google Cloud Platform Console の [デバッグ] ページに移動します。

  2. ソースの場所のプルダウン メニューから、[ソースコードを追加] をクリックします。

  3. [別のソースコード] ペインの [Cloud Source Repositories のリポジトリ] セクションで、[ソースの選択] をクリックします。

  4. プロジェクト、リポジトリ、ブランチやタグ付けされたバージョンを選択します。

  5. [ソースを選択] をクリックします。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Source Repositories