デバッグの概要

アプリのコードを Cloud Source Repositories に保存すると、ソースコンソールを使用して Cloud デバッガのタスクを実行できます。たとえば、デバッグのスナップショットの取得と表示、ログポイントの追加、ログポイント出力の表示などを行うことができます。

Cloud Source Repositories のデバッグ機能は、Google Cloud Console の Debugger で提供される機能の代わりに使用できます。Debugger の設定と GCP Console インターフェースの使用方法については、Debugger のドキュメントをご覧ください。

サポートされているコードの場所

コードが次のいずれかのプロダクトまたはテクノロジーにある場合、ソース コンソールでデバッグ機能を使用できます。

GitHub や Bitbucket などのサービスにホストされたミラーリング以外のリポジトリにソースコードがある場合、またはローカル ファイルからデバッグする場合は、GCP Console でデバッグタスクを実行します。

デバッグを設定する

Cloud Source Repositories でアプリをデバッグする前に、次の操作を行う必要があります。

  • Google Cloud プロジェクトで Debugger を有効にして、環境とアプリを構成します。これらの手順は、アプリの実装に使用する言語やフレームワークによって異なります。

  • アプリをデプロイまたは起動します。

Cloud Source Repositories でデバッグする

プロジェクトとアプリで動作するように Debugger を設定すると、デバッグ機能を使用できます。リポジトリの内容を表示すると、GCP Console のいずれかのペインに [デバッグ] タブが表示されます。

ソース コンソールの [デバッグ] タブ

デバッグタスク

Cloud Source Repositories では、次のことを行うことができます。

次のステップ