Google Cloud 上の SAP: 障害復旧戦略

障害復旧(DR)のアーキテクチャと戦略を設計する際は、このドキュメントを利用すると的確な判断を下しやすくなります。このドキュメントでは、個別のソリューションの重要性だけでなく、一般的な SAP システムの各種コンポーネントも考慮されています。

このドキュメントは、Google Cloud での SAP の使用について取り上げたドキュメント シリーズの一部です。このシリーズは、以下のドキュメントで構成されています。

障害復旧戦略は、常にビジネスへの影響の分析から始めることをおすすめします。この分析では、次の 2 つの主要指標を定義します。

  • 復旧時間目標(RTO: ビジネスがオフラインである状態が許容される時間。
  • リカバリ ポイント目標(RPO: 許容できるデータ損失量の限界値。この値を超えると、財務上の損失によるコンプライアンスの問題が発生します。

どちらの場合も、システムがオフラインの間に発生するビジネス上のコストや、データの損失や再作成に対するコストを判断する必要があります。

通常、RTO と RPO の値が小さいほど(つまり、ビジネスを中断状態から復旧する時間が急がれるほど)、ビジネスの実行コストは高くなります。RTO と RPO の値が小さいほど管理の複雑性が増す傾向にあるため、それに伴う管理諸経費も増加します。

ホワイト ペーパー全体を読むには、下のボタンをクリックしてください。

PDF をダウンロード