Google Cloud IoT

デバイスのグローバルなネットワークからビジネスに有益な分析情報を導き出すインテリジェントな IoT プラットフォーム

インテリジェントな IoT サービスのためのプラットフォーム

Google Cloud IoT は、エッジとクラウドの両方でデータに接続し、データを処理、保存、分析するための統合ツールセットです。このプラットフォームは、スケーラブルなフルマネージド クラウド サービス(すべての IoT ニーズに対応した、機械学習機能によるエッジやオンプレミスでの処理向け統合ソフトウェア スタック)で構成されています。

IoT データを活用したビジネスの俊敏性と意思決定の促進

Google Cloud IoT は、世界中に分散するデバイス(エッジまたはクラウド上にあるデバイス)からビジネスに有益な分析情報をリアルタイムで導き出す統合サービス群です。Cloud IoT Core によって取り込まれたデバイスデータは Cloud Pub/Sub にパブリッシュされ、ダウンストリーム分析に利用できます。Google BigQuery を使用してアドホック分析を行う、あるいは Cloud Machine Learning Engine で高度な分析を実施して機械学習を適用するのも簡単です。Google データポータルでは、充実したレポートやダッシュボードで結果を可視化できます。

運用効率の向上

Google Cloud IoT プラットフォームでは、デバイスの運用、グローバル アセットの管理、ファームウェア アップデートの適用をより効率的に行えます。Google Cloud IoT プラットフォームは、さまざまな組み込み型オペレーティング システムに対応し、Debian Linux OS とシームレスに連係します。また、Intel や Microchip といった大手メーカーのデバイスも設定不要ですぐに使えるようにサポートされています。自動更新は、Cloud Functions のワークフローにより、リアルタイムのイベントに基づいてトリガーされます。

位置情報インテリジェンスによる IoT ソリューションの拡張

Google マップを利用すれば、位置認識機能をビジネスに取り入れることができます。この機能は、アセットのリアルタイムでの位置、これまでの移動履歴、移動の頻度を可視化するため、IoT アセットが屋内にあるか、遠隔地にあるか、多数の都市に分散しているかにかかわらず、正確な追跡を可能にします。

リファレンス アーキテクチャ

IoT リファレンス アーキテクチャ

工場の大規模な機械設備群を Google Cloud に接続することで、機械の使用率と生産効率をリアルタイムで表示するスマートな工場プラットフォームを短期間で構築できました。

Oden Technologies 社 CEO 兼共同創業者 Willem Sundblad 氏

ユースケース

予測メンテナンス

装置のメンテナンスが必要となる時期の自動予測、装置のパフォーマンスのリアルタイム最適化、ダウンタイムの予測、異常検出、デバイスのステータス、状態、位置の追跡を行います。

導入事例を読む  

リアルタイムのアセット追跡

貴重なアセットをリアルタイムで追跡し、収集したデータに対して複雑な分析と機械学習を実行します。また、ビジネスの状況を表示して実用的な分析情報を提供します。

詳細  

ロジスティクスとサプライ チェーン管理

Google Cloud IoT のロジスティクス ソリューションを使用して、車両管理、在庫管理、貨物の完全性のモニタリング、その他のビジネス上重要な機能を実行します。

導入事例を読む  

スマートシティとスマートビル

数十億のセンサーとエッジデバイスを対象とした包括的なソリューションを構築し、住宅、ビル、さらには都市全体に先進的なインテリジェンスと自動化機能を導入します。

導入事例を読む  

導入事例

Schlumberger のロゴ Smart Parking のロゴ Grupo ADO のロゴ Swiss Steel のロゴ Energyworx のロゴ

リソースと統合

チュートリアル、クイックスタート、レビューをご覧ください。

Google Cloud

使ってみる

無料で体験

GCP を初めてご利用の場合、あらゆる GCP プロダクトを $300 相当の無料クレジットでお試しいただけます。

さらにサポートが必要な場合

Google のエキスパートが、適切なソリューションの構築やお客様のニーズに合ったパートナーの選定をお手伝いいたします。