NEXT '21 で開催される、インテリジェント プロダクトのデプロイに関する GE Appliances でのセッションを見る 

ジャンプ先

インテリジェント プロダクトのプレビュー

エッジでの AI とクラウドでのアナリティクスを使用して、パーソナライズされたオーナーシップ エクスペリエンス、更新可能な機能、顧客の分析情報による製品の迅速な構築を実現します。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    エンドツーエンドのソリューションは、顧客データから AI の分析情報を結び付けて整理し、提供します。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    既存のコネクテッド プロダクトと統合された柔軟なアーキテクチャ

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    新しいプロダクトの機能、アプリ、サービスを迅速に開発して収益化

利点

魅力的なプロダクト オーナーシップ エクスペリエンスを創出

AI 対応の機能をクラウドに自信を持って開発してデプロイするか、無線(OTA)でプロダクトに渡します。

顧客フィードバック ループを改善

データレイクでプロダクト、サービス、ユーザーアプリ、サポート、POS をシームレスに組み合わせて、プロダクトとお客様の成果の間でフィードバック ループを作成します。

プロダクト ロードマップを迅速化

既存の技術投資を迅速に構成、デプロイ、統合し、ビジネス価値を迅速に証明できます。

主な機能

ソリューション コンポーネント

インテリジェント プロダクトの基礎

このソリューションには、メーカーが自社製品のインテリジェント機能を迅速に Google Cloud 上で起動できるようにするためのソフトウェアが含まれています。

1.デバイス テレメトリー ストリーミング - IoT CorePub/Sub を使用して、さまざまなデバイス プラットフォームからリアルタイム データと過去の時系列データの接続、取り込み、保存を行います。

2.マイクロサービス - Google Kubernetes Engine(GKE)により構築された安全でスケーラブルな API サービスで、アプリケーションのプロダクト テレメトリーと AI の分析情報にアクセスします。

3.アナリティクスと BI - Dataflow を使用して、プロダクトとお客様のデータソースを BigQuery に統合し、Looker を使用してダッシュボードを作成し、Vertex AI を使用してお客様とプロダクトの分析情報を展開します。

4.ユーザーのアプリ - API 経由でアプリに接続し、Firebase を使用してアプリの動作分析を追跡します。

機能
事前にビルドされたアプリ テンプレート

このソリューションには、メーカーが以下を含むコネクテッド プロダクトのエクスペリエンスを容易に構築できる、事前構築済みのアプリ テンプレートが含まれています。

1.オーナー権限アプリ - 事前構築済みの Angular JS UI コンポーネントを使用して、プロダクトの登録、ID の管理、プロダクトの分析、通知をモバイルおよびデスクトップとの互換性があるプロダクトのオーナー権限アプリに組み込むと同時に、Firebase で顧客の行動分析を行うことができます。

コンポーネントのデプロイに備える

導入事例

インテリジェント プロダクトのお客様

ドキュメント

使用開始に役立つ主要ドキュメント

アーキテクチャ
インテリジェント プロダクトの基礎 - リファレンス アーキテクチャ

Google Cloud 上での Intelligent Products Essentials の技術リファレンス アーキテクチャ

チュートリアル
エッジデプロイ用の AutoML モデルをトレーニングする

Vertex AI API を使用して AutoML Edge モデルをトレーニング

ユースケース

ユースケース

ユースケース
デジタル オーナーシップ エクスペリエンスをパーソナライズ

プロダクトの存続期間にわたって進化する強力なオーナーシップ エクスペリエンスを提供します。これにより、チャットボットを通じてパーソナライズされたサポートなどの機能を提供し、コンテキストに応じた回答によってサポート インシデントをすばやく解決できます。

ユースケース
ディーラー サービスとサポート

ディーラー サービス ポータルを作成して、製品の問題をリモートで診断し、解決策を提案します。これにより、ダウンタイムを最小限に抑え、対面サービスの成功率を高めます。

ユースケース
部品やサービスの問題を予測

動作異常が原因で障害が発生する前に、クラウドまたは製品エッジで AI モデルを使用して動作異常を検出することにより、保証請求を削減し、部品不足を減らします。

料金

料金

組織の料金については、Google のセールスチームまでお問い合わせください。

パートナー

エッジ接続とハンズオン ソリューションの統合の専門家パートナー