ジャンプ先

Datashare

Datashare を使用すると、データのパブリッシャー、編纂者、消費者が、使用許可取得済みのデータセットを Google Cloud で安全で迅速かつ簡単に交換できるようになります。

利点

Datashare では、3 つの方法でデータを配信し消費できます。

バッチデータの配信

Datashare は、BigQuery クラウドベース配信を介して参照、履歴ティック、代替市場データソースのためのバッチデータ配信メカニズムを提供します。

リアルタイム データ ストリーミング

Pub/Sub を介して、インスツルメント価格、見積もり、注文、ニュースなどを迅速に変更するためのリアルタイム ストリーミング データ配信。

データを収益化

データ パブリッシャーは、ライセンス取得済みのデータセットを Google Cloud にオンボーディングできます。これは、Google Cloud Marketplace でそのデータセットを利用可能にして行います。

主な機能

過去とリアルタイムの市場データセットを安全かつ簡単に交換し、収益化します。

1 回限りの処理

Dataflow は、Pub/Sub ストリームでの高信頼性、高機能な exactly-once 処理をサポートしています。

即時データレイク

シンプルな JSON 構成と SQL を使用して入力ファイルを取り込んで変換します。そのデータはすべて BigQuery からアクセスできます。

直感的なツール

データ エンジニアでなくても簡単にパイプラインを管理できます。

きめ細かなランタイム アクセス制御

Datashare を利用すると、データパブリッシャーはデータセット用の BigQuery 承認済みビューを作成し、お客様にアクセス制御を適用できるようになります。

リファレンス アーキテクチャ

下の図では、BigQuery と Pub/Sub を使用して Google Cloud のお客様とバッチデータやリアルタイム データを直接共有する方法について説明しています。

リファレンス アーキテクチャ

ご関心をお持ちの場合は、お問い合わせください

パートナー

Google ではこうしたパートナーとの連携を拡大するとともに、エントリのハードルを下げ、優れた経済的効果と幅広いリーチをもたらすパブリッシャー ツールに継続的に投資しています。

ドキュメント

DataShare のリソースを詳しく見る

クイックスタート
Datashare をデプロイしてみる

今すぐ Google Cloud プロジェクトに Datashare をデプロイします(アカウントが必要です)。

チュートリアル
チュートリアル動画

このチュートリアルに従って、パブリッシャーが Datashare を使用してお客様やパートナーとデータセットを共有する方法を学びましょう。

API とライブラリ
GitHub レポジトリ

GitHub で Datashare Toolkit ソースコードにアクセスします。

ホワイトペーパー
ソリューションの価値シート

Datashare を使用すれば、過去とリアルタイムのマーケット データセットを交換し、安全かつ簡単に収益化できます。