Cloud Shell

ブラウザを使って、インフラストラクチャ管理とアプリケーション開発ができます。

このプロダクトのドキュメントを見る

オンラインの開発および運用環境

Cloud Shell は、ブラウザから場所を問わずにアクセスできる、オンラインの開発および運用環境です。gcloud コマンドライン ツールや kubectl などのユーティリティがプリロードされたオンライン ターミナルを使用して、リソースを管理できます。また、オンラインの Cloud Shell Editor を使用して、クラウド ネイティブ アプリの開発、ビルド、デバッグ、デプロイを行うこともできます。

場所を問わずフルにアクセスできることを示す図

どこからでもフルにアクセス

Linux シェルの柔軟性で Google Cloud リソースを管理できます。Cloud Shell を使用すれば、ターミナル ウィンドウからコマンドラインで仮想マシン インスタンスにアクセスできます。

Go、Ruby、Java、php、Python などのプログラミング言語を示す図

デベロッパー向けの環境

Go、Java、Node.js、Python、C# の言語対応、統合デバッガー、ソース管理、リファクタリング、カスタマイズ可能なインターフェースなどの機能で生産性を向上させるために合理化された Cloud Shell Editor を使用して、ブラウザから直接アプリを開発できます。Cloud Shell VM や minikube Kubernetes エミュレーターでアプリを実行し、ブラウザで直接プレビューしてから、変更を git クライアントからリポジトリに commit できます。

MySQL、Kubernetes、Docker がプリインストールされていることを示すコンピュータの図

お気に入りのツールが最新の状態でプリインストール

bash、sh、emacs、vim などのお気に入りのコマンドライン ツールが、Cloud Shell に最新の状態でプリインストールされています。gcloud コマンドライン ツール、MySql、Kubernetes、Docker、minikube、Skaffold などの管理および開発ツールが構成済みで、すぐに使用できます。最新バージョンとその依存関係すべてをインストールする方法について探し回る必要はありません。Cloud Shell に接続するだけで、そのまま作業を開始できます。

開発の生産性を最大化する Cloud Code ツールを示すコンピュータの図

開発の生産性を最大化する Cloud Code ツール

Cloud Code 拡張機能で提供されるツールを使用して、クラウドネイティブ アプリケーションを簡単に開発できます。Kubernetes および Cloud Run アプリケーションの開発とデプロイ、クラスタの管理、Google Cloud APIs のプロジェクトへの統合をすべて Cloud Shell Editor から直接行うことができます。

5 GB のディスク ストレージを示す図

5 GB の永続ディスク ストレージ

Cloud Shell では、Cloud Shell インスタンスの $HOME ディレクトリに 5 GB の永続ディスク ストレージが割り当てられます。スクリプト、.bashrc や .vimrc のようなユーザー構成ファイルなど、ホーム ディレクトリに保存されているファイルはすべて、セッション間で維持されます。

プロダクトのデモ

Cloud Shell で実行されるクラスタで、Kubernetes ゲストブック アプリケーションの作成とデプロイを行う

Google Cloud Console から Cloud Shell を起動し、gcloud コンポーネントのバージョンを確認する

特長

ウェブブラウザからアクセス

インターネット接続環境さえあれば、場所やブラウザの種類を問わずに Cloud Shell コマンドラインとコードエディタにアクセスできます。

永続ストレージ

5 GB の永続ストレージがご利用いただけます。

安全な管理ツール

最新で認可済みの管理ツールが、すぐにお使いいただける状態でプリインストールされています。

開発ツール

一般的なプログラミング言語に対応した開発ツールとデプロイツールがプリインストールされています。Cloud Shell を使えば、ウェブ アプリケーションにローカルで加えた変更を、ウェブ上でプレビューできます。

オンライン コードエディタ

Cloud Shell Editor を使用して、場所を問わずにアプリの開発、ビルド、デバッグ、テストができます。

Git を使用したソース管理

コードエディタやコマンドラインで利用可能な Cloud Shell の git クライアントを介して、リモート リポジトリのクローン作成や pull、コード変更のリポジトリへの commit ができます。

Cloud Code 拡張機能

Cloud Code(minikube、Skaffold)が提供する統合ツールを使用して、Kubernetes と Cloud Run の開発を簡素化できます。

プロジェクトのローカル IDE への移行

ダウンロードおよびソース管理機能を使用して、Cloud Shell Editor と VS Code または IntelliJ の間でソースコードを移行できます。

技術リソース

料金

Google Cloud のお客様であれば、追加料金なしで Cloud Shell をご利用いただけます。

次のステップ

$300 分の無料クレジットと 20 種類以上の Always Free プロダクトを活用して Google Cloud で構築を開始しましょう。

開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用

Java は Oracle およびその関連会社の登録商標です。