Cloud Shell での gcloud コマンドの実行

Cloud Shell には Cloud SDK がプリインストールされています。これは、追加設定をせずに gcloud コマンドを実行できることを意味します。Cloud Shell セッションを有効にした直後に、gcloud help などの gcloud ツールコマンドを実行できます。

さらに、Cloud Console のインタラクティブ インターフェースを使用してリソースを管理するときはいつでも、同等の gcloud コマンドを生成して Cloud Shell で実行できます。インスタンス グループや Kubernetes クラスタの作成などのタスク中に必要なリソースの詳細を入力すると、生成されたコマンドに正しいフラグとその値が含まれます。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  5. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

生成された gcloud コマンドを使用して Compute Engine インスタンスを作成する

生成された Compute Engine VM インスタンス作成の gcloud コマンドを使用するには、次の手順に従います。

  1. [Compute Engine] > [VM インスタンス] ページに移動します。
  2. [作成] をクリック
  3. 必須フィールドとオプション フィールドに入力して、ニーズに合わせて新しいインスタンスを構成します。
  4. [作成] ボタンの下に、同等の REST または gcloud コマンドを生成するオプションがあります。[コマンドライン] をクリックして、推奨される gcloud コマンドを確認します。Compute Engine VM インスタンスの作成と同等の gcloud コマンドの表示
  5. [Cloud Shell で実行] をクリックします。
  6. プロンプトに表示されたら、Enter キーを押してコマンドを実行します。
  7. [VM インスタンス] ページに戻ると、新しく作成されて実行中の VM インスタンスが表示されます。
  8. インスタンスが不要になった場合は、不要な料金が発生しないように、コマンドラインまたは VM インスタンス ページから削除してください。

インタラクティブなチュートリアル

gcloud コマンドライン ツールを詳しく調べるには、次の対話型チュートリアルを使用して、Cloud Shell でいくつかのコア gcloud コマンドを試すことができます。

Cloud Shell で開く