Service Usage API

サービス コンシューマが Google Cloud Platform 上で使用するサービスを有効にしたり、利用可能なサービスまたは有効になっているサービスの一覧を表示したり、サービス コンシューマが使用しなくなったサービスを無効にしたりします。

サービス: serviceusage.googleapis.com

以下のすべての URI は https://serviceusage.googleapis.com に関連しています。

このサービスには、次のディスカバリ ドキュメントが用意されています。

REST リソース: v1beta1.operations

メソッド
get GET /v1beta1/{name=operations/*}
長時間実行オペレーションの最新の状態を取得します。
list GET /v1beta1/operations
リクエストで指定されたフィルタに一致するオペレーションを一覧表示します。

REST リソース: v1beta1.services

メソッド
batchEnable POST /v1beta1/{parent=*/*}/services:batchEnable
プロジェクトで複数のサービスを有効にします。
disable POST /v1beta1/{name=*/*/services/*}:disable
プロジェクトで使用できなくなるようにサービスを無効にします。
enable POST /v1beta1/{name=*/*/services/*}:enable
プロジェクトで使用できるようにサービスを有効にします。
get GET /v1beta1/{name=*/*/services/*}
指定されたサービスに関する、サービス設定と有効状態を返します。
list GET /v1beta1/{parent=*/*}/services
指定されたプロジェクトで使用可能なすべてのサービスと、そのプロジェクトに関するサービスの現在の状態を一覧表示します。

サービス: serviceusage.googleapis.com

以下のすべての URI は https://serviceusage.googleapis.com に関連しています。

このサービスには、次のディスカバリ ドキュメントが用意されています。

REST リソース: v1.operations

メソッド
cancel POST /v1/{name=operations/**}:cancel
長時間実行オペレーションの非同期キャンセルを開始します。
delete DELETE /v1/{name=operations/**}
長時間実行のオペレーションを削除します。
get GET /v1/{name=operations/*}
長時間実行のオペレーションの最新状態を取得します。
list GET /v1/operations
リクエストで指定されたフィルタに一致するオペレーションを一覧表示します。

REST リソース: v1.services

メソッド
batchEnable POST /v1/{parent=*/*}/services:batchEnable
プロジェクトで複数のサービスを有効にします。
disable POST /v1/{name=*/*/services/*}:disable
プロジェクトで使用できなくなるようにサービスを無効にします。
enable POST /v1/{name=*/*/services/*}:enable
プロジェクトで使用できるようにサービスを有効にします。
get GET /v1/{name=*/*/services/*}
指定されたサービスに関する、サービス設定と有効状態を返します。
list GET /v1/{parent=*/*}/services
指定されたプロジェクトで使用可能なすべてのサービスと、そのプロジェクトに関するサービスの現在の状態を一覧表示します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...