Service Usage とは

Service Usage は Google Cloud のインフラストラクチャ サービスであり、Cloud プロジェクト内の他の API やサービスを一覧表示、管理できます。Google Cloud サービスやそれらの API、および Cloud Endpoints を使用して作成されたサービスの一覧表示、管理も可能です。

Service Usage を使用する理由

Service Usage を使用して、Cloud プロジェクトで次のようなタスクを実行できます。

ほとんどの Google Cloud サービスを使用するには、まず Cloud プロジェクトでそれらのサービスを有効にする必要があります。詳しくは、次のリソースをご覧ください。

  • クラウド プロジェクトで使用可能なサービスと有効なサービスを一覧表示する方法については、[サービスの一覧表示] をご覧ください。方法が学べます。
  • サービスを有効または無効にする方法については、[サービスの有効化と無効化] をご覧ください。
  • サービスの割り当て上限を一覧表示および管理する方法については、[サービス割り当ての管理] をご覧ください。

Cloud Consoleを介して、 gcloudコマンドラインツールから、または Google API クライアント ライブラリの 1 つからプログラムで Service Usage API を使用して、Service Usage を使用できます。

次のステップ

  • 一般的な Service Usage のタスクを実行する方法については、入門ガイドをご覧ください。
  • Service Usage の詳細については、コンセプト ガイドをご覧ください。