バージョン 1.9

Anthos Service Mesh での VM サポートに関する問題の解決

次の手順とログは、Anthos Service Mesh の VM のサポートに関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。

VM をデバッグする

VM インスタンスが動作中でも、メッシュから到達できないことがわかった場合は、VM インスタンスで次の手順を実行します。

エージェントを確認する

  1. Envoy プロキシの正常性を確認します。

    curl localhost:15000/ready -v
    
  2. envoy エラーログを確認する

    less /var/log/envoy/envoy.err.log
    
  3. service-proxy-agent エラーの確認をします。

    journalctl -u service-proxy-agent
    
  4. そのインスタンスの Google Cloud のオペレーション スイート ログまたは /var/log/syslog の VM のいずれかで syslog を確認します。

プロキシの正常性を確認する

  1. プロキシの構成をデバッグするには、VM で次のコマンドを実行します。

    curl localhost:15000/config_dump > config.out
    
  2. そのファイルをコピーして、次のコマンドを実行します。

    istioctl proxy-config [cluster|route|listener] --file config.out
    

無効なトークンエラー

envoy エラーログに次のようなエラーが表示される場合があります。

E0217 17:59:17.206995798    2411 oauth2_credentials.cc:152]  Call to http server ended with error 500 [{
  "error": "invalid_target",
  "error_description": "federated token response does not have access token. {\"error\":\"invalid_grant\",\"error_description\":\"JWT expired.\"}",
  "error_uri": ""
}].

その場合は、VM の /var/run/secrets/tokens/istio-token のトークンが期限切れであるかどうかを確認し、exp(エポック秒)の値が経過していないことを確認します。

cat /var/run/secrets/tokens/istio-token | cut -d '.' -f2 | base64 -d | python -m json.tool
{
    ...
    "azp": "...",
    "email": "example-service-account@developer.gserviceaccount.com",
    "email_verified": true,
    "exp": 1613995395,
    "google": {
        "compute_engine": {
            "instance_creation_timestamp": 1613775765,
            "instance_id": "5678",
            "instance_name": "vm-instance-03-0mqh",
            "project_id": "...",
            "project_number": 1234,
            "zone": "us-central1-c"
        }
    },
    "iat": ...,
    "iss": "https://accounts.google.com",
    "sub": "..."
}

クラスタをデバッグする

クラスタの問題をトラブルシューティングするには、次の操作を行います。

自動登録が機能していることを確認する

  1. istiod が自動生成する WorkloadEntry を確認します。

    kubectl get workloadentry -n WORKLOAD_NAMESPACE
    

    さらに、Kubernetes オブジェクト ブラウザが存在することも確認できます。

  2. 存在しない場合は、istiod ログでエラーを確認します。このログは Google Cloud のオペレーション スイートで取得可能です。または、直接取得することもできます。

    kubectl -n istio-system get pods -l app=istiod
    

    予想される出力は次のようになります。

    NAME                                       READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    istiod-asm-190-1-7f6699cfb-5mzxw           1/1     Running   0          5d13h
    istiod-asm-190-1-7f6699cfb-pgvpf           1/1     Running   0          5d13h
    
  3. Pod の環境変数を設定し、それを使用してログをエクスポートします。

    export ISTIO_POD=istiod-asm-190-1-7f6699cfb-5mzxw
    kubectl logs -n istio-system {ISTIO_POD} | grep -i 'auto-register\|WorkloadEntry
    

接続プロキシを確認する

proxy-status コマンドを使用すると、VM 用のプロキシを含むすべての接続プロキシを一覧表示できます。

istioctl proxy-status

出力には、次のような接続プロキシが表示されます。

NAME                                                    CDS        LDS        EDS        RDS          ISTIOD                               VERSION
details-v1-5f449bdbb9-bhl8d.default                     SYNCED     SYNCED     SYNCED     SYNCED       istiod-asm-190-1-7f6699cfb-5mzxw     1.9.0-asm.1
httpbin-779c54bf49-647vd.default                        SYNCED     SYNCED     SYNCED     SYNCED       istiod-asm-190-1-7f6699cfb-pgvpf     1.9.0-asm.1
istio-eastwestgateway-5b6d4ddd9d-5rzx2.istio-system     SYNCED     SYNCED     SYNCED     NOT SENT     istiod-asm-190-1-7f6699cfb-pgvpf     1.9.0-asm.1
istio-ingressgateway-66b6ddd7cb-ctb6b.istio-system      SYNCED     SYNCED     SYNCED     SYNCED       istiod-asm-190-1-7f6699cfb-pgvpf     1.9.0-asm.1
istio-ingressgateway-66b6ddd7cb-vk4bb.istio-system      SYNCED     SYNCED     SYNCED     SYNCED       istiod-asm-190-1-7f6699cfb-5mzxw     1.9.0-asm.1
vm-instance-03-39b3.496270428946                        SYNCED     SYNCED     SYNCED     SYNCED       istiod-asm-190-1-7f6699cfb-pgvpf     1.9.0
vm-instance-03-nh5k.496270428946                        SYNCED     SYNCED     SYNCED     SYNCED       istiod-asm-190-1-7f6699cfb-pgvpf     1.9.0
vm-instance-03-s4nl.496270428946                        SYNCED     SYNCED     SYNCED     SYNCED       istiod-asm-190-1-7f6699cfb-5mzxw     1.9.0

コマンド オプションの詳細については、istioctl proxy-config をご覧ください。

Istio VM のトラブルシューティング ガイド

その他のトラブルシューティング手順については、仮想マシンのデバッグをご覧ください。