Anthos Service Mesh 1.7 のドキュメントを表示しています。最新のドキュメントを表示するか、他の利用可能なバージョンを選択します。

Environ へのクラスタの登録

Connect を使用して、GKE クラスタをプロジェクトの Environ に登録する必要があります。Environ では、複数のクラスタとそのワークロードを一元的に管理できます。Environ の詳細と有効にできる機能については、Environ のガイドをご覧ください。

すべてのクラスタを同時に登録する必要はありませんが、クラスタを登録しないと、Cloud Console の Anthos クラスタページにクラスタが表示されません。

gcloud コマンドライン ツールを使用すると、Connect Agent マニフェストのダウンロードと適用など、Cloud Console では利用できない高度なクラスタ登録オプションを使用できます。これらのオプションの詳細については、Connect のドキュメントの高度な登録オプションをご覧ください。

始める前に

クラスタの登録

次のいずれかのコマンドを実行してクラスタを登録します。これらのコマンドは、Workload Identity を使用するように Connect Agent を構成します。

gcloud beta container hub memberships register MEMBERSHIP_NAME \
  --gke-uri=GKE_URI \
  --enable-workload-identity

または

gcloud beta container hub memberships register MEMBERSHIP_NAME \
  --gke-cluster=LOCATION/CLUSTER_NAME \
  --enable-workload-identity

以下を置き換えます。

  • MEMBERSHIP_NAME: Environ 内のクラスタを一意に表す名前。通常これはクラスタ名ですが、別の名前を使用することもできます。
  • GKE_URI: GKE クラスタの URI(例: https://container.googleapis.com/projects/my-gke-project/locations/us-central1-a/clusters/my-gke-cluster)。URI を取得するには、gcloud container clusters list --uri を実行します。
  • LOCATION/CLUSTER_NAME: GKE クラスタのリージョンまたはゾーン、現在のプロジェクトのクラスタ名(例: us-central1-a/my-gke-cluster)。gcloud config set project PROJECT_ID を使用してデフォルト リージョンを設定していない場合は、コマンドに --project=PROJECT_ID を追加します。

次のステップ