メソッド: services.updateConnections

接続に対応付けられている割り当て範囲を更新します。オペレーションが正常に完了した場合、get オペレーションからのレスポンスのタイプは Connection になります。

HTTP リクエスト

PATCH https://servicenetworking.googleapis.com/v1/{name=services/*}/connections

この URL は gRPC Transcoding 構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
name

string

サービス プロデューサー組織のピアリング接続を管理しているサービス プロデューサーのピアリング サービス。この機能をサポートする Google サービスの場合、この値は services/servicenetworking.googleapis.com になります。

クエリ パラメータ

パラメータ
updateMask

string(FieldMask 形式)

更新マスク。これを省略した場合は、デフォルト値の "*" に設定されます。リストされたピアリング範囲のみを更新できます。

フィールドの完全修飾名のカンマ区切りリスト。例: "user.displayName,photo"

force

boolean

以前に定義された割り当て範囲を削除する場合は、force フラグを true に設定する必要があります。

リクエストの本文

リクエストの本文には Connection のインスタンスが含まれます。

レスポンスの本文

成功した場合、レスポンスの本文には Operation のインスタンスが含まれます。

承認スコープ

次の OAuth スコープのいずれかが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/service.management
  • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform

詳細については、認証の概要をご覧ください。

今すぐ試す