クラウド セキュリティの未来のために、ともに問題を解決しましょう。5 月 17 日に開催される Google Cloud Security Summit にご参加ください。今すぐご登録ください

信頼とセキュリティ

Google Cloud のセキュリティ モデル、世界規模のインフラストラクチャ、革新をもたらす独自の機能は、組織のセキュリティの確保やコンプライアンスの維持に役立ちます。

6 層からなる Google データセンターのセキュリティ

信頼できるクラウド インフラストラクチャ

設計段階からセキュリティが考慮されたインフラストラクチャ、組み込みの保護機能、グローバル ネットワークをご活用ください。Google がお客様の情報、ID、アプリケーション、デバイスを保護するために使用しているものと同じです。Google のスタックは漸進型の多層構造でセキュリティを構築しており、真の多層防御を大規模に実現しています。

保存時、転送時にデフォルトで暗号化

Google の施設間で転送中または保存中のデータを暗号化し、暗号鍵への監査済みアクセス権が承認されているロールとサービスのみがアクセスできるようにしています。詳細については、保存データの暗号化転送データの暗号化をご覧ください。

保存データの暗号化に使用される Google のメカニズムについて確認する

Google Cloud のセキュリティを最大限に活用する

Google Cloud の高度なセキュリティ プロダクトソリューションが、セキュリティ上の困難な課題の解決にどのように役立つかをご覧ください。

Ravelin のロゴ

「私たちが Google を選択したのは、Identity-Aware Proxy やデフォルトでの保存データの暗号化など、他では提供されていないセキュリティ サービスが数多く含まれているからです。」

Ravelin 社 CTO、Leonard Austin 氏

導入事例を読む

クラウド コンプライアンス

Google は独立した機関によるセキュリティ、プライバシー、コンプライアンス管理に関する監査を実施し、お客様の規制やポリシーに関する目標を達成できるようにしています。ISO/IEC 27001/27017/27018/27701、SOC 1/2/3PCI DSSVPAT(WCAG、米国リハビリテーション法第 508 条、欧州規格 EN 301 549)FedRAMP 認証など Google のすべてのコンプライアンス対応状況と、HIPAAGDPRCCPA などへの適合についての詳細は、コンプライアンス リソース センターでご確認いただけます。

コンプライアンス バッジ
保護用のセキュリティ シールド

データのプライバシー

Google Cloud Platform と Google Workspace のお客様のプライバシー保護は優先事項であり、Google のセキュリティとプライバシーの実践における指針である企業プライバシーに対するコミットメントにおいて体系化されています。Google がどのようにプライバシーを保護し、お客様ご自身による制御を維持しているかについて詳しくは、プライバシー リソース センターをご覧ください。

透明性

Google は透明性を通してお客様の信頼獲得に努めています。セキュリティに対するアプローチについては、具体的な信頼原則を規定し、遵守しています。Google は、Google の利用規約とデータ保護契約に従ってデータを処理し、政府のリクエストへの対応に関する Google のポリシーを明確に説明しています。

鉛筆とチェックマークとクリップボード