アジア太平洋 | 金融サービス

インドネシア金融サービス庁 2016 年度 Regulation No. 38(POJK 38)

インドネシア金融サービス庁(「OJK」)は、インドネシアの銀行、資本市場、金融サービス部門の活動の検査と監督に責任を負っています。OJK は消費者の利益を保護し、金融サービス業界における繁栄と競争を促進することを目指しています。

インドネシア金融サービス庁 2016 年度 Regulation No. 38。Application of Risk Management in the Use of Information Technology by Commercial Banks(民間金融機関による情報テクノロジーの使用におけるリスク管理の適用)(「POJK 38」)は、民間金融機関が情報テクノロジー活動をアウトソーシングする際にリスク管理を効率的に適用する方法を示します。POJK 38 は、アウトソーシング契約、デュー デリジェンス、パフォーマンスのモニタリング、危機管理計画、監査、情報アクセス権といった内容に関する具体的なガイダンスを提供します。

インドネシアの金融機関に対する Google Cloud の契約は、POJK 38 の要件に対応しています。また Google Cloud では、GCP と Google Workspace の両方のガイドラインへのマッピングを作成することで、要件を満たすためにどのようなサポートが提供されるかをお客様が把握し、Google Cloud をアウトソーシング サービス プロバイダとして評価しやすくしています。Google Cloud は、金融機関がどのようにサービスを使用するかを問わず、このような要件に対処できるようにしています。


ISO/IEC 27001

詳細

ISO/IEC 27017

詳細

SEOJK 21

詳細

SOC 1

詳細