米国 | 金融サービス

アウトソーシングのリスク管理に関する連邦準備制度のガイダンス

連邦準備制度(Federal Reserve)は米国の中央銀行です。個々の金融機関の安全と健全性を促進し、金融システム全体への影響を監視しています。連邦準備制度理事会は、アウトソーシング サービス プロバイダのリスク評価を金融機関が行えるよう、アウトソーシングのリスク管理に関するガイダンス(「連邦準備制度のガイダンス」)を策定しています。

このガイダンスは、アウトソーシング サービス プロバイダと契約を締結する前に、また取引関係を管理する中で、組織が考慮すべきコンプライアンスと業務上の重要な領域(デュー デリジェンス、契約条項、監視、モニタリング、ビジネスの継続性、緊急時対応計画など)を特定します。

米国の当該機関に対する Google Cloud の契約は、連邦準備制度のガイドラインに規定されている契約上の要件に対応しています。また Google Cloud では、GCP と Google Workspace の両方のガイドラインへのマッピングを作成することで、要件を満たすためにどのようなサポートが提供されるかをお客様が把握し、Google Cloud をアウトソーシング サービス プロバイダとして評価しやすくしています。Google Cloud は、当該機関がどのようにサービスを使用するかを問わず、このような要件に対処できるようにしています。


ISO/IEC 27001

詳細

SOC 2

詳細

SOC 3

詳細