EMEA | すべての業界

EU モデル契約条項

2010 年、欧州委員会は、EU データ保護指令で定められた要件を遵守するための手段として、モデル契約条項を制定しました。EU データ保護指令は、2018 年 5 月に一般データ保護規則(GDPR)に置き換えられました。モデル契約条項は、欧州経済領域を離れる個人データが GDPR に従って転送されるようにするために、Google とお客様との間で使用されます。

2017 年 2 月、Google Cloud は、欧州連合のデータ保護機関(第 29 条作業部会として集合的に活動)から、Google のモデル契約条項に対するコンプライアンスの確認を取得しました。この確認により、Google WorkspaceGoogle Cloud Platform の契約責任は、データ保護指令(現在は現在 GDPR に置き換えられています)で定められた EU 域内から域外へのデータのフレーム転送に関する法的要件を完全に満たしていることが確認されました。

Google Cloud Platform および Google Workspace のモデル契約条項を参照して、Google Cloud Platform または Google Workspace をオプトインする方法を確認してください。


プライバシー シールド

詳細