ユーザー補助機能の有効化

スクリーン リーダーの利便性を向上させるために、gcloud コマンドライン ツールには accessibility/screen_reader プロパティが付属しています。このプロパティを true に設定すると、次の動作が有効になります。

  • unicode スピナーの代わりのステータス トラッカー: gcloud がタスクを実行しているときに 'working' フレーズが stderr に表示されます。
  • パーセント進行状況バー: 進行状況が stderr にパーセントで表示されます。
  • ASCII 文字で描画したボックス テーブル: 多くの list コマンドのデフォルト出力はボックス テーブルです。Unicode による描画ではなく、ASCII 文字でレンダリングされます。独自のフォーマットを定義するために --format フラグを使用することも検討してください。

ユーザー補助機能を有効にするには、次のコマンドを実行します。

 $ gcloud config set accessibility/screen_reader true

補足資料

別のドキュメント環境

  • キーワードまたはコマンドについて gcloud CLI リファレンス ドキュメントを検索するには、gcloud help を使用します。これにより、指定した引数に一致するヘルプテキストを含むすべてのコマンドが検索されます。

gcloud CLI 出力の調整

  • コマンド出力の詳細レベルを調整するには、gcloud CLI 共通のフラグ --verbosity を debug、info、warning、error、critical、none のいずれかに設定します。
  • list コマンドの場合、出力をさらに絞り込むために --limit フラグでリストするリソースの最大数を設定します。また、--page-size フラグを使用して、サービスリストがページに出力された場合の 1 ページあたりのリソース数を定義することもできます。並べ替えの対象フィールドで --sort-by フラグを使用するとフィールドが並べ替えられます。
  • 対話型プロンプトを無効にするには、--quiet フラグを使用します。
  • よりわかりやすい出力を構造化して生成するには、format、filter、projection フラグを使用して出力を微調整します。
    • 出力形式だけを定義する場合は、--format フラグを使用して、出力(対話型表示用)を表形式やフラット形式で、または出力(json、csv、yaml、value)を機械可読形式で生成します。
    • リソースデータの値を選択するキーのリストを書式設定するには、projections を使用します。
    • 定義する基準に従って出力をさらに絞り込むには、--filter フラグを使用します。

フィードバックの提出

バグの報告、フィードバックの送信、提案の送信には、gcloud feedback を使用して gcloud コマンドライン ツール機能の改善を目指します。このコマンドで、ブラウザのウィンドウに公開バグトラッカーが表示されます。

公開バグトラッカーを使用して問題を直接記録することもできます。回答を効率化するために、提出している問題の性質(バグ、機能リクエストなど)を反映するように「タイプ」フィールドを必ず切り替えてください。