yum を使用したインストール(Red Hat と CentOS)

Red Hat Enterprise Linux 7 または CentOS 7 システムにインストールする場合、Cloud SDK はパッケージ形式で利用できます。このパッケージに含まれているのは、gcloudgcloud alphagcloud betagsutilbq コマンドだけです。kubectl は含まれていません。また、gcloud コマンドでアプリケーションをデプロイする場合に必要な App Engine 拡張機能も含まれていません。これらは別途インストールできます。

注: Google Compute Engine のインスタンスを使用している場合、Cloud SDK がデフォルトでインストールされています。

  1. Cloud SDK リポジトリ情報で YUM を更新します。
    sudo tee -a /etc/yum.repos.d/google-cloud-sdk.repo << EOM
    [google-cloud-sdk]
    name=Google Cloud SDK
    baseurl=https://packages.cloud.google.com/yum/repos/cloud-sdk-el7-x86_64
    enabled=1
    gpgcheck=1
    repo_gpgcheck=1
    gpgkey=https://packages.cloud.google.com/yum/doc/yum-key.gpg
           https://packages.cloud.google.com/yum/doc/rpm-package-key.gpg
    EOM
    

    重要: 上の例のように、gpgkey の 2 行目をインデントする必要があります。

  2. Cloud SDK をインストールします。
    yum install google-cloud-sdk
    注: プロンプトの無効化やドライランなど、yum の追加オプションについては、yum のマニュアル ページをご覧ください。
  3. 必要に応じて、次の追加コンポーネントをインストールします。
    • google-cloud-sdk-app-engine-python
    • google-cloud-sdk-app-engine-python-extras
    • google-cloud-sdk-app-engine-java
    • google-cloud-sdk-app-engine-go
    • google-cloud-sdk-bigtable-emulator
    • google-cloud-sdk-datalab
    • google-cloud-sdk-datastore-emulator
    • google-cloud-sdk-cbt
    • google-cloud-sdk-cloud-build-local
    • google-cloud-sdk-pubsub-emulator
    • kubectl

    たとえば、google-cloud-sdk-app-engine-java コンポーネントをインストールするには、次のコマンドを実行します。

    yum install google-cloud-sdk-app-engine-java
  4. gcloud init を実行して開始します。
    gcloud init

Cloud SDK のバージョンのダウングレード

VERSION の形式が 123.0.0 である特定のバージョンの Cloud SDK に戻すには、次のコマンドを実行します。

sudo yum downgrade google-cloud-sdk-VERSION
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud SDK のドキュメント