Cloud Run

フルマネージドのサーバーレス プラットフォーム上で、スケーラブルなコンテナ化されたアプリケーションを開発し、デプロイできます。

新規のお客様には、最初の 90 日間に Google Cloud で使用できる無料クレジット $300 分を差し上げます。すべての Google Cloud のお客様は、1 か月あたり 200 万リクエストを無料で利用できます。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    さまざまな言語(Go、Python、Java、Ruby、Node.js など)で自由にコードを作成

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    インフラストラクチャの管理が一切不要、シンプルな開発者エクスペリエンスを実現

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    オープン標準 Knative を基盤として構築されており、アプリケーションの移植が可能

利点

コンテナを秒単位で本番環境にデプロイ

リクエストやイベントをリッスンするコンテナをデプロイできるため、お好きな方法でコードを作成できます。お好みの言語で必要な依存関係とツールを使用して適切なアプリケーションを構築し、それを数秒でデプロイできます。

フルマネージド

Cloud Run では、トラフィックに応じてほぼ瞬時にゼロから自動的にスケールされるため、インフラストラクチャの管理は一切不要です。また、使用した正確なリソース量に対してのみ課金されます。

開発者エクスペリエンスの向上

Cloud Run を使うと、アプリケーションの開発とデプロイが、よりシンプルかつ迅速になります。また、Cloud CodeCloud BuildCloud MonitoringCloud Logging と完全に統合されているため、エンドツーエンドの開発者エクスペリエンスが向上します。

主な機能

主な機能

任意の言語、ライブラリ、バイナリ

任意のプログラミング言語に加え、任意の言語や OS のライブラリを使用できます。また、独自のバイナリを利用することもできます。

コンテナのワークフローと標準を活用

コンテナは、コードやその依存関係をパッケージ化してデプロイする手法の標準となっています。Cloud Run は、Cloud BuildCloud CodeArtifact RegistryDocker などのコンテナ エコシステムと親和性の高いサービスです。

従量課金

コードが実行されている間のみ料金が発生します。使用時間は最も近い 100 ミリ秒単位に丸められます。

すべての機能を表示

最新情報

最新情報

リリースノートで、Cloud Run の新機能について最新情報を確認できます。

ドキュメント

ドキュメント

クイックスタート
事前にビルドされたサンプル コンテナをデプロイする

Container Registry リポジトリにアップロード済みのサンプル コンテナを Cloud Run にデプロイします。

クイックスタート
ソースコードからコンテナをビルドしてデプロイする

簡単なアプリケーションを作成してコンテナにパッケージ化します。さらに、コンテナ イメージを Cloud Run にデプロイします。

チュートリアル
Cloud Build を使用した Git からの継続的デプロイ

新しい commit が Git リポジトリの特定のブランチに push された際、自動的にコードのビルドとデプロイが行われるようにする方法を学習します。

クイックスタート
Cloud Storage からのイベント受信

Cloud Run サービスで Cloud Storage からイベントをトリガーする方法について説明します。

ユースケース

ユースケース

ユースケース
ウェブサービス: ウェブサイト

nginx、ExpressJS、django などの成熟したテクノロジー スタックを活用してウェブサイトを構築し、Cloud SQL 上の SQL データベースにアクセスしてダイナミック HTML ページをレンダリングします。

Google Chrome のアイコンがプログラミング言語の Node.js、django、Ruby on Rails が含まれた四角形に向かい、この四角形は Cloud SQL Relational に向かう
ユースケース
ウェブサービス: モバイル バックエンド向けの REST API

現在のモバイルアプリは通常、RESTful バックエンド API を利用することで最新のアプリケーション データのビューを取得し、フロントエンドとバックエンドの開発チームを分離します。Cloud Run で実行されている API サービスによって、開発者は Cloud SQL や Firestore(NoSQL)などのマネージド データベース上にデータを確実に保持することができます。ログインしたユーザーは、Cloud データベースに保存されたアプリのリソースデータにアクセスできます。

モバイル バックエンド向けの REST API のユースケース図: 縦に並び、繋がっている複数のボックス: Users、Mobile、Cloud Run Rest APIs、Firestore Document DBMobile と Cloud Run Rest APIs から出た線は Identity Platform というラベルのボックスに向かう
ユースケース
ウェブサービス: バックオフィス管理

多くの場合、バックオフィス管理ではドキュメント、スプレッドシートやその他のカスタム インテグレーションが必要になり、ベンダー提供のウェブ アプリケーションを実行しています。Cloud Run でコンテナ化された内部ウェブ アプリケーションをホストすれば、常に準備完了状態になり、使用した時間だけ課金されます。

バックオフィス管理のユースケース図: 左側の Google Sheets ボックスから、縦に並んだ 4 つのボックス(Users、Google Chrome アイコン、Cloud Run Admin App、Cloud SQL Relational)の 3 番目に向かうChrome ボックスと Cloud Run ボックスから出た線は Identity Platform というラベルのボックスに向かう
ユースケース
データ処理: 軽量のデータの変換

軽量のデータが配信されたとき、構造化データに変換して保存する Cloud Run データ処理アプリケーションを構築します。変換は Google Cloud ソースからトリガーできます。

.csv ファイルが作成されるとイベントが発生し、Cloud Run サービスに配信されます。これにより、ファイルからデータが抽出され、BigQuery テーブルに構造化されたデータとして保存されます。

軽量のデータの変換のユースケース図: 左の Cloud Storage ボックスから出た、Cloud Storage trigger というラベルの矢印が右方向の Data transformation/Cloud Run ボックスに向かい、Stores data というラベルの矢印を経由して BigQuery ボックスに到達する
ユースケース
自動化: ドキュメント生成のスケジュール設定

Cloud Scheduler を使用すると、Cloud Run サービスで請求書を生成するなど毎月のジョブをスケジュール化できます。カスタム バイナリを含むコンテナを Cloud Run にデプロイできるため、LibreOffice などの PDF 生成ツールをサーバーレスで実行できます。課金されるのは請求書を発行するときだけです。

ドキュメント生成のスケジュール設定のユースケース図: 左の Cloud Scheduler ボックスから出た、Every month というラベルの矢印が右に向かい、縦に並んだ 3 つのボックスの中央にある PDF generation / Cloud Run というラベルのボックスに到達するGet customer data というラベルの矢印が上に向かい Cloud SQL Relational に到達するStore invoices というラベルの矢印が下に向かい Cloud Storage に到達する
ユースケース
Webhook によるビジネス ワークフローの自動化

イベント ドリブンのアプローチによりオペレーションの間をつなぎます。Webhook の送付先を実装してリクエストの形式でイベントを push する場合、Cloud Run ではスケーリングがオンデマンドで実行され、イベントを受け取って処理する間だけ課金されます。

GitHub または Slack から push されるイベントに反応するか、購入が行われたとき、ジョブの準備ができたとき、またはジャストインタイムで反応できるサービスによりアラートが発生したときに Webhook を送信し、お客様のインフラストラクチャのマイクロサービスをトリガーできます。

左の Developer というラベルのボックスから出た、Push code というラベルの矢印が右に向かい、Git Repository ボックスに到達し、POST request というラベルの矢印が縦に並んだ 3 つのボックスの 2 番目、Webhook Receiver/Cloud Run というラベルのボックスに到達するTriggering というラベルの矢印が上に向かい、Other services ボックスに到達し、もう一方の Relay というラベルの矢印は下に向かい、Google Chat に到達する

すべての特長

すべての機能

任意の言語、ライブラリ、バイナリ 任意のプログラミング言語に加え、任意の言語や OS のライブラリを使用できます。また、独自のバイナリを利用することもできます。
コンテナのワークフローと標準を活用 Cloud Run はあらゆるコンテナ イメージに対応し、Cloud BuildArtifact RegistryDocker などのコンテナ エコシステムと親和性の高いサービスです。
開発者エクスペリエンスの向上 シンプルなコマンドラインとユーザー インターフェースにより、作成したサービスを迅速にデプロイして管理できます。Cloud Code および Cloud Build と統合することで、継続的なデプロイが実現します。
フルマネージド インフラストラクチャの管理は不要です。デプロイした後は Cloud Run がサービスを管理するため、管理について心配する必要はありません。
高速な自動スケーリング Cloud Run は、トラフィックに応じてゼロから N まで自動的にスケールします。
冗長性 Cloud Run サービスはリージョン単位で、複数のゾーンにわたり自動的に複製されます。
ロギングとモニタリングの統合 Cloud MonitoringCloud LoggingCloud TraceError Reporting と最初から統合されており、アプリケーションの健全性を確保できます。
ウェブ トラフィックの処理 Cloud Run サービスを一般に公開してウェブ リクエストを受信できます。
非同期イベントの処理 トリガーを設定し、Cloud Audit Logs 経由で 60 を超える Google Cloud ソースから、または Cloud Pub/Sub 経由でカスタムソースからのイベントを受信します。
厳格なコンテナ分離 コンテナ インスタンスは、他のリソースから分離された安全なサンドボックスで実行されます。
Knative が基盤 Cloud Run はオープンソース プロジェクトである Knative をベースとしているため、プラットフォームの間でワークロードを移植できます。
HTTPS URL 各 Cloud Run サービスには安定した HTTPS エンドポイントが最初から付属しています。TLS の終端はこのエンドポイントで自動的に処理されます。
カスタム ドメイン サービスを独自のドメインにマッピングできます。
HTTP/2、WebSocket、gRPC Cloud Run のサービスを HTTP/1.*、HTTP/2、WebSocket、gRPC(単項およびストリーミング)で呼び出し、接続します。

料金

料金

料金は Always Free 枠が設定された従量課金制で、100 ミリ秒単位で切り上げられます。

合計費用は、使用した CPU、メモリ、リクエスト、ネットワーキングの合計額です。

見積もりには Google Cloud 料金計算ツールをご利用ください。

CPU メモリ リクエスト
料金 $0.00002400(1 vCPU 秒あたり) $0.00000250(1 GiB 秒あたり) $0.40(100 万リクエストあたり)
Always Free 180,000 vCPU 秒(1 か月あたり) 360,000 GiB 秒(1 か月あたり) 200 万リクエスト(1 か月あたり)

パートナー

パートナー

Cloud Run は多種多様なパートナーのテクノロジーと簡単に統合できます。