クラウド ネイティブなアプリケーションの構築、大規模なデプロイ、データの分析を行う Ruby ツール

  • グローバル規模のウェブアプリや API を構築する
  • ネイティブ ライブラリで Google の機械学習 API を使用する
  • 大規模なコンテナ化アプリケーションを実行する
  • Puppet や Chef でインフラストラクチャをオーケストレートする
丹念に作成された Ruby Gems

Google Cloud Ruby Gems を使って Google の API とサービスを利用し、コードサンプルをテスト実行してみてください。

1
インストールする
gem install google-cloud-storage
2
Cloud Platform Console プロジェクトを設定する
  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP Console プロジェクトの設定

    プロジェクトの設定

    クリックして、以下を行います。

    • プロジェクトを作成または選択します。
    • プロジェクトでCloud Storage を有効にします。
    • サービス アカウントを作成する。
    • JSON として秘密鍵をダウンロードします。

    これらのリソースは、GCP Console でいつでも表示および管理できます。

3
コードを書く
# project_id        = "Google Cloud プロジェクト ID"
# bucket_name       = "Google Cloud Storage のバケット名"
# local_file_path   = "アップロードするローカル ファイルのパス"
# storage_file_path = "ファイルを格納する Google Cloud Storage 内のパス"

require "google/cloud/storage"

storage = Google::Cloud::Storage.new project_id: project_id
bucket  = storage.bucket bucket_name

file = bucket.create_file local_file_path, storage_file_path

puts "Uploaded #{file.name}"
RUBY クイックスタート
問題をすばやく見つけてデバッグする

Google Stackdriver は、強力なモニタリング、ロギング、診断機能を提供します。これにより、クラウドで実行されるアプリケーションの健全性やパフォーマンス、可用性を分析し、すばやく問題を検出して修正できます。

Google Stackdriver
Google Cloud Platform と AWS で実行されるアプリケーションのモニタリング、ロギング、診断を統合したソリューションです。
Stackdriver Error Reporting
エラーアラートの受け取りから Google Cloud Console でのエラーの調査まで、順を追って説明します。
Stackdriver モニタリング、診断、修正
この動画では、Aja Hammerly が Stackdriver を使用してサンプルアプリの捉えにくいエラーを検出し、修正しています。これを見ると、プロジェクトで Stackdriver を使用する方法がわかります。
詳細
GCP コミュニティ上の Ruby

質問やご意見がありましたら、コミュニティに参加して質問するか、Google Cloud Platform 向け Ruby の構築をサポートする Google の専門家とチャットしてください。