カタログの共有

このガイドでは、カタログを組織内のユーザーと共有する方法を学習します。

カタログにソリューションを割り当てたら、プロジェクト、フォルダ、組織などの Google Cloud リソースにカタログを共有する必要があります。リソースにアクセスできるユーザーは、カタログのソリューションを表示し、起動できます。プライベート カタログを閲覧すると、ユーザーには、そのユーザーから共有されたカタログのソリューションのみが表示されます。

始める前に

  • プライベート カタログが有効な Google Cloud プロジェクト、カタログを共有するフォルダ、プロジェクト、または組織では、カタログ管理者roles/cloudprivatecatalogproducer.admin)または カタログ マネージャーroles/cloudprivatecatalogproducer.manager)のロールが必要です。どちらのロールも付与されていない場合は、組織管理者に連絡してアクセス権をリクエストしてください。
  • 共有カタログを使用するユーザーには、次の Identity and Access Management(IAM)ロールを付与します。

    • 関連する組織、プロジェクト、フォルダのカタログ ユーザーroles/cloudprivatecatalog.consumer)または IAM 閲覧者roles/viewer)のロール。ほとんどのユーザーは IAM 閲覧者のロールを使用して Private Catalog にアクセスします。
    • DM ベースのソリューションがカタログに含まれている場合は、ユーザーがソリューションをデプロイするプロジェクトの Deployment Manager 編集者roles/deploymentmanager.editor)のロール。

    IAM のロールを付与する手順については、リソースへのアクセス権の付与、変更、取り消しをご覧ください。Private Catalog の IAM ロールと権限の詳細については、アクセス制御をご覧ください。

カタログの共有

ユーザーがアクセスできるリソースにカタログを共有するようにします。エンドユーザーには、アクセス権を持つ Google Cloud の組織、フォルダ、プロジェクトに共有されたカタログのみが表示されます。

カタログを新しいプロジェクトと共有している場合、ユーザーにはソリューションの起動時に Private Catalog API を有効にするよう求めるプロンプトが表示されます。新しいプロジェクトに DM ベースのソリューションを起動する場合は、Cloud Deployment Manager API を有効にするよう求めるプロンプトも表示されます。

カタログを共有するには次の手順を行います。

  1. Cloud Console で、Private Catalog の管理ページに移動します。
    [Private Catalog の管理] ページに移動
  2. [選択] をクリックして、Google Cloud プロジェクトを選択します。
  3. [カタログ] ページに移動します。
  4. カタログのリストから、カタログの名前をクリックします。
  5. [カタログの詳細] ページで [共有] をクリックします。

    カタログボタンを共有するには次の手順を行います。
  6. カタログを共有するフォルダ、組織、プロジェクトを選択してから [選択] をクリックします。

共有カタログにアクセスできるユーザーは、ソリューションを表示して起動できます。

カタログの共有の停止

カタログの共有を停止すると、カタログへのアクセス権を持っていたユーザーがソリューションを表示またはデプロイできなくなります。カタログの共有を停止しても、ユーザーの既存のデプロイには影響しません。

カタログの共有を停止するには:

  1. [カタログの詳細] ページで [共有] タブに移動します。
  2. [共有者] テーブルで、カタログの共有を停止する組織、フォルダ、またはプロジェクトの [UNSHARE] をクリックします。
  3. [確認] をクリックします。

カタログがリソースと共有されなくなります。

次のステップ