Private Catalog のクイックスタート

このページでは、Google Cloud Console を使用して Private Catalog で基本的なタスクを行う方法を説明します。

学習内容

  • カタログを作成し、Private Catalog 管理者としてソリューションを共有する方法
  • Private Catalog ユーザーとしてソリューションを表示して、起動する方法

始める前に

カタログを作成

カタログでは、Private Catalog ユーザーが表示して、起動できるソリューションを選択できます。

カタログを作成するには次の手順を行います。

  1. Cloud Console で、Private Catalog の管理ページに移動します。
    [Private Catalog の管理] ページに移動
  2. [カタログ] ページで [カタログを作成] をクリックします。
  3. カタログの名前と説明を入力します
  4. [作成] をクリックします。

これで、カタログが [カタログ] テーブルに表示されるようになりました。

次の手順では、リンクベースのソリューション(参照リンク)を Private Catalog に作成して、カタログにソリューションを割り当てます。

Private Catalog でのソリューションの作成

  1. Cloud Console で Private Catalog 管理者の [ソリューション] ページに移動します。
    [ソリューション] ページに移動
  2. [ソリューションを作成] をクリックします。プルダウン リストで、[リンク ソリューションを作成] を選択します。
  3. ソリューションの名前、URL、説明、タグラインを入力します。タグラインは、エンドユーザーのプライベート カタログ ビューのタイルに表示される短い説明です。
  4. 必要に応じて、ソリューションのアイコンをアップロードします。
  5. 必要に応じて、サポートを受けるためのリンクを追加します。
  6. 必要に応じて、ソリューションのドキュメントへのリンクを追加します。
  7. [CREATE] をクリックします。

次のスクリーンショットは、リンクベースのソリューションの作成について示しています。

リンクベースのソリューションを作成するためのフォーム

ソリューションが [ソリューション] テーブルに表示されるようになりました。

カタログへのソリューションの割り当て

  1. Cloud Console で Private Catalog 管理者の [ソリューション] ページに移動します。
    [ソリューション] ページに移動
  2. ソリューションのリストで、リンクベースのソリューションを探して、[カタログに割り当てる] をクリックします。
  3. [割り当てられたカタログ] ウィンドウで、カタログの横にあるチェックボックスをオンにします。
  4. [保存] をクリックします。

ソリューションがカタログに表示されるようになりました。

カタログの共有

カタログを組織、フォルダ、プロジェクトなどの Google Cloud リソースと共有して、そのリソースにアクセスできる Private Catalog ユーザーが、カタログ内のリンクベースのソリューションを表示して起動できるようにします。

カタログを共有するには:

  1. Cloud Console で Private Catalog 管理者の [カタログ] ページに移動します。
    [カタログ] ページに移動
  2. カタログのリストから、カタログの名前をクリックします。
  3. [カタログの詳細] ページで [共有] をクリックします。

    カタログボタンを共有するには次の手順を行います。
  4. カタログを共有するフォルダ、組織、プロジェクトを選択してから [選択] をクリックします。

これで、選択したフォルダ、組織、またはプロジェクトとカタログが共有されるようになりました。

ソリューションを表示して起動する

プライベート カタログ ユーザーは、Google Cloud のリソース階層で共有されているすべてのカタログのソリューションを表示できます。

ユーザーとしてソリューションにアクセスしてデプロイするには:

  1. Cloud Console の [Private Catalog] ページに移動します。
    [Private Catalog] ページに移動

  2. メインパネルには、組織内で共有されているリンクベースのソリューションが表示されます。ソリューションをクリックして [詳細] ページに移動します。

  3. [リンクに移動] をクリックします。

    このボタンをクリックすると、Google ドメイン外部のリンク先に移動し、ソリューションをダウンロードして起動できます。

クリーンアップ

不要な Google Cloud 料金の発生を避けるには、Cloud Console を使用して、不要になったプロジェクトを削除します。

次のステップ