Cloud Marketplace からのソリューションの作成

このガイドでは、Private Catalog 用の Google Cloud Marketplace ソリューションの作成方法について説明します。

Private Catalog でソリューションを作成すると、Google Cloud ソリューションのキュレートされたリストを承認し、組織内のユーザーと共有できます。Google Cloud Marketplace からソリューションを作成した後、カタログにそのソリューションを割り当てることで、ユーザーがソリューションを表示してデプロイできるようになります。

このガイドでは、Private Catalog ユーザー向けの 2 種類の Google Cloud Marketplace ソリューションを作成する方法(仮想マシン(VM)Software as a Service(SaaS)ソリューション)について説明します。

始める前に

  • Private Catalog を Google Cloud 組織で有効にしている必要があります。
  • Private Catalog が有効になっている Google Cloud プロジェクトのカタログ管理者roles/cloudprivatecatalogproducer.admin)またはカタログ マネージャーroles/cloudprivatecatalogproducer.manager)のロールを付与されているが必要あります。どちらのロールも付与されていない場合は、組織管理者に連絡してアクセス権をリクエストしてください。

  • Cloud Marketplace ソリューションをユーザーと共有するには、カタログが必要です。カタログを作成するには、カタログの作成をご覧ください。

VM の作成

Private Catalog で VM ソリューションを作成するには:

  1. Cloud Marketplace に移動し、[仮想マシン] でフィルタします。

    Cloud Marketplace で VM ソリューションを表示する

  2. 作成する VM ソリューションを見つけてクリックし、ソリューションの説明ページに移動します。

  3. サイド ナビゲーションの [Private Catalog に追加] セクションで [Deployment .zip ファイル] をクリックし、ソリューションの Deployment Manager 構成ファイルを含む zip ファイルをダウンロードします。

  4. zip ファイルを使用して、手順に沿ってカタログに Deployment Manager ベースのソリューションを作成します。

SaaS ソリューションの作成

Private Catalog で SaaS ソリューションを作成するには:

  1. Cloud Marketplace に移動し、[API とサービス] でフィルタします。

    Cloud Marketplace で API とサービスを表示します。

  2. 作成する SaaS ソリューションをクリックします。

  3. ソリューションの説明ページで、SaaS ソリューションに登録し、その URL をメモします。

  4. 手順に沿ってカタログにリンクベースのソリューションを作成します。リンク URL の入力を求められたら、前の手順でメモしたソリューションの説明ページの URL を使用します。

次のステップ