Google Cloud が Lufthansa グループとエアライン運航の最適化をサポートする契約を締結

Google Cloud テクノロジーが Lufthansa グループの一新されたオペレーション プラットフォームを強化

カリフォルニア州サニーベールおよびドイツ、ミュンヘン [2020 年 1 月 20 日] – Google Cloud は本日、売上高において世界最大の航空グループである Lufthansa グループが、運航パフォーマンスを最適化するための戦略的パートナーとして Google Cloud を選択したことを発表しました。Lufthansa グループは、Google Cloud のインフラストラクチャと最先端の機械学習機能を活用し、以前は種類が異なっていたシステムとデータフィードを単一のプラットフォームに統合します。

Lufthansa グループの執行役員である Detlef Kayser 博士は、次のように述べています。「Google Cloud のテクノロジーを Lufthansa グループの運航に関する専門知識と組み合わせることで、当社の運航のデジタル化を一層促します。これにより、遅延の可能性のあるフライトを今よりも早期に特定でき、初期の段階で対策を講じることが可能になります。」

Lufthansa グループの新しい運航プラットフォームは、航空機のローテーション、整備、乗務員の割り当てなど、安定した運行に関するさまざまな要素を同時に考慮します。そして、悪天候や空域での混雑などによる遅延が発生した場合には、乗客の時間厳守、定刻のフライト、飛行計画の遵守のための提案を行います。プラットフォームの設計と導入において Lufthansa グループをサポートするために、オンサイトの Google Cloud チームが Lufthansa グループの運航および IT エキスパートと連携します。

Google Cloud の CEO である Thomas Kurian は、次のように述べています。「このコラボレーションを通じて、私たちは航空会社の運航の未来に革命を起こす重要な機会を共有しています。Lufthansa グループと Google Cloud の強みを組み合わせ、航空会社が抱える最大の課題を解決し、年間 1 億 4,500 万人を超える乗客の旅行体験にプラスの効果をもたらします。」

Lufthansa グループは、売上高において世界最大の航空グループであり、欧州のエアライン市場のマーケット リーダーでもあります。2018 年、Lufthansa グループは 358 億ユーロの売り上げを記録しました。Lufthansa グループには、1 億 4,500 万人以上の乗客が搭乗し、13 万 5,000 人の従業員が勤務しています(2019 年)。Lufthansa グループの航空会社は、105 か国、約 270 か所の目的地に運航しています(2019 年の冬季から 2020 年まで)。

役に立つリンク:

Google Cloud について

Google Cloud は、組織に最先端のインフラストラクチャ、プラットフォーム機能、業界ソリューションを専門知識とともに提供し、データに基づいたイノベーションを最新のコンピューティング インフラストラクチャで実現します。これにより、ビジネス変革が促進されます。Google ではその最先端技術を活用したエンタープライズ クラスのクラウド ソリューションを提供して、企業の業務効率化、成長に向けたモダナイゼーション、将来の革新を支援します。150 か国以上のお客様が、最も重要なビジネス上の問題を解決するために、信頼できるパートナーとして Google Cloud を採用しています。