メソッド: projects.locations.global.connectivityTests.setIamPolicy

指定したリソースにアクセス制御ポリシーを設定します。既存のポリシーをすべて置き換えます。

NOT_FOUND、INVALID_ARGUMENT、PERMISSION_DENIED の公開エラーを返せます。

HTTP リクエスト

POST https://networkmanagement.googleapis.com/v1beta1/{resource=projects/*/locations/global/connectivityTests/*}:setIamPolicy

この URL は gRPC Transcoding 構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
resource

string

必須: ポリシーが指定されているリソース。このフィールドに適切な値については、オペレーション ドキュメントをご覧ください。

リクエストの本文

リクエストの本文には、次の構造のデータが含まれます。

JSON 表現

{
  "policy": {
    object (Policy)
  },
  "updateMask": string
}
フィールド
policy

object (Policy)

必須: resource に適用する完全なポリシー。ポリシーのサイズは数 10 KB に制限されています。空のポリシーは有効なポリシーですが、プロジェクトなど特定の Cloud Platform サービスでは、これらが拒否されることがあります。

updateMask

string (FieldMask format)

省略可: 変更するポリシー フィールドを指定する FieldMask。マスク内のフィールドのみが変更されます。マスクが指定されていない場合、次のデフォルト マスクが使用されます。パス: "bindings, etag"。このフィールドは、Cloud IAM のみが使用します。

完全修飾された項目名のカンマ区切りリスト。例: "user.displayName,photo"

レスポンスの本文

成功した場合、レスポンスの本文には Policy のインスタンスが含まれます。

認可スコープ

次の OAuth スコープが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform

詳細については、認証の概要をご覧ください。

試してみる