メソッド: projects.locations.global.connectivityTests.patch

既存の ConnectivityTest の構成を更新します。テストを更新すると、ネットワーク到達性の分析が長時間実行オペレーションの一部として実行され、分析が終わると完了します。テストリソースのネットワーク到達可能性の状態が新しい結果で更新されます。

ConnectivityTest のエンドポイントの仕様が無効(ネットワークに存在しないリソースが含まれているか、記載されているプロジェクトのネットワーク構成に対する読み取り権限がないなど)の場合、ネットワーク到達性の結果は次の値を返します

UNKNOWN

ConnectivityTest のエンドポイント仕様が不完全な場合、ネットワーク到達性の結果は AMBIGUOUS の値を返します。詳細については、ConnectivityTest のドキュメントをご覧ください。

HTTP リクエスト

PATCH https://networkmanagement.googleapis.com/v1beta1/{resource.name=projects/*/locations/global/connectivityTests/*}

この URL は gRPC Transcoding 構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
resource.name

string

必須。次の形式を使用したリソースの一意の名前: projects/{projectId}/tests/{testId}

クエリ パラメータ

パラメータ
updateMask

string (FieldMask format)

必須。更新するフィールドのマスク。このフィールドには少なくとも 1 つのパスを指定する必要があります。

完全修飾された項目名のカンマ区切りリスト。例: "user.displayName,photo"

承認には、指定されたリソース updateMask に対する次の Google IAM の権限が必要です。

  • networkmanagement.connectivitytests.update

リクエストの本文

リクエストの本文には ConnectivityTest のインスタンスが含まれます。

レスポンスの本文

成功した場合、レスポンスの本文には Operation のインスタンスが含まれます。

認可スコープ

次の OAuth スコープが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform

詳細については、認証の概要をご覧ください。

試してみる