BGP セッションの確立

Cloud Router は Border Gateway Protocol(BGP)を使用して、Virtual Private Cloud(VPC)ネットワークとオンプレミス ネットワーク間のルートを交換します。Cloud Router では、オンプレミス ルーターのインターフェースと BGP ピアを設定します。インターフェースと BGP ピア設定は、BGP セッションを形成します。

Google Cloud 内の Cloud Router インターフェースは、次の Google Cloud リソースのいずれかにのみ接続します。

  • 動的ルーティングを使用した Classic VPN トンネル
  • HA VPN トンネル(必要に応じて動的ルーティングを使用)
  • Dedicated Interconnect 用の VLAN アタッチメント
  • Partner Interconnect 用の VLAN アタッチメント

Cloud Router は、それぞれ複数のインターフェースをサポートします。Cloud VPN トンネルまたは VLAN アタッチメントごとに個別の Cloud Router を作成する必要はありません。ただし、各 Cloud Router はすべての BGP セッションで同じ ASN を使用します。Partner Interconnect には公開 ASN が必要ですが、他のすべてのタイプのインターフェースにはプライベート ASN が必要です。Partner Interconnect で VLAN アタッチメントの BGP セッションを管理する Cloud Router は、他のタイプのインターフェースの BGP セッションを管理できません。

次のセクションでは、インターフェースの種類ごとに BGP セッションの構成方法を説明するページへのリンクが提示されています。

Cloud VPN

Cloud Interconnect

次のステップ