モニタリング クエリ言語の概要

Monitoring Query Language(MQL)は、表現力の高いテキストベースのインターフェースを Cloud Monitoring の時系列データに提供します。MQL を使用すると、時系列データの取得、フィルタリング、操作を行うことができます。

MQL を使うメリット

MQL を使用すれば、時系列を操作し、他の方法では作成できないグラフを作成できます。たとえば、次の操作が可能です。

  • 特定のクラスのレスポンス コードにつながるリクエストの割合を計算する
  • 現在の値と過去の値の比率を計算する
  • 事前定義された値ではなく、任意でパーセンタイル値を選択する
  • 時系列のサンプルをランダムに選択する
  • 複数の指標タイプの時系列の値に対して任意の算術式を評価する
  • 正規表現のサブフィールド キャプチャを含む任意の文字列操作を使用して、データを集計する新しいラベルを作成する
  • 出力データの時間範囲と期間を制御します。

MQL では一連のオペレーションと関数を使用します。オペレーションは共通のパイプ メカニズムを使用してリンクされ、1 つのオペレーションの出力が次のオペレーションの入力になります。オペレーションをリンクすることで、複雑なクエリを段階的にビルドできます。

また、クエリエディタでは、候補の提示やエラー メッセージの形式で構文のヘルプが提供されます。詳細については、クエリエディタの使用をご覧ください。

次のステップ

Monitoring Query Language のクイックスタートでは、クエリエディタを使用して簡単な MQL クエリを作成できます。

クエリエディタまたは Monitoring API を使用して MQL クエリを作成し、送信できます。

MQL でアラート ポリシーを作成することもできます。詳細については、MQL のアラート ポリシーをご覧ください。

MQL クエリの一連の例については、をご覧ください。

MQL に関する一般情報については、MQL 言語についてをご覧ください。

包括的なリファレンスについては、Monitoring Query Language のリファレンスをご覧ください。