AWS モニタリング スタートガイド

Google Cloud と Blue Medora は提携し、AWS アカウントの Cloud Monitoring ユーザーに BindPlane を提供しています。BindPlane は、150 を超えるさまざまなデータソースの健全性、パフォーマンス データ、ログを Monitoring に直接接続するサービスです。

Cloud Monitoring をご利用のお客様には追加費用をご負担いただくことなく BindPlane を無料でご提供していますが、BindPlane を使用することによって、モニタリングやログデータの取り込みが増加する場合があります。

BindPlane について詳しくは、次のリソースをご覧ください。

始める前に

このガイドは、Blue Medora の BindPlane をはじめてご利用いただく新規の AWS ユーザーを対象としています。Cloud Monitoring を使用する既存の AWS ユーザーについては、AWS モニタリングの BindPlane への移行ガイドをご覧ください。

BindPlane 統合をインストールする

BindPlane アカウントを作成して、インストール プロセスを開始します。

ログインしたら、Cloud Monitoring への接続、コレクタのインストール、およびデータソースへの接続の手順を実行します。

Cloud Monitoring への接続

Cloud Monitoring に接続するには、次の手順を行います。

  1. BindPlane で、[宛先を追加] をクリックします。

  2. [Cloud Monitoring] を選択します。

  3. Monitoring の宛先を構成するには、モニタリング管理者の権限を持つサービス アカウントから JSON キーを追加します。

    この情報を見つけるには、Blue Medora の Google Cloud Monitoring のドキュメントをご覧ください。

コレクタのインストール

BindPlane コレクタはネットワーク内に存在し、モニタリングするデータソースに接続します。コレクタには、モニタリングするデータソースへのネットワーク アクセス権を持つサーバーが必要です。複数の分離ネットワークがある場合は、複数のコレクタを追加できます。

コレクタをインストールするには:

  1. BindPlane で、[Add Collector] をクリックします。

  2. コレクタを実行するプラットフォームを選択します。

    コレクタを実行するオペレーティング システムを選択するか、AWS のコレクタで Linux イメージをデプロイするテンプレートを選択できます。

    AWS テンプレートの詳細については、Blue Medora の AWS コレクタのデプロイガイドをご覧ください。

  3. クリップボードのアイコンをクリックして、インストール コマンドをコピーします。

  4. コレクタをインストールするマシンにログインし、コマンドを実行します。

データソースへの接続

ソースとは、モニタリングするオブジェクトのことです。データベース、ウェブサービス、またはデータセンターのハードウェア デバイスなどがあります。

ソースを追加するには:

  1. BindPlane で、[Add Source] をクリックします。

  2. モニタリングするソースを選択します。

  3. 使用するコレクタを選択します。

    複数のネットワークまたはデータセンターに複数のコレクタを追加した場合は、ソースと同じリージョンでコレクタを選択します。

  4. 認証情報を入力し、[Test Connection] をクリックして、すべてが正常に機能していることを確認します。

  5. [Add] をクリックして、モニタリングを開始します。

すべての AWS データソースについて、特定のソースをモニタリングするには、特定の権限を持つ AWS ユーザーが存在する必要があります。BindPlane では、現在利用可能なすべての AWS ソースをモニタリングするためのマスター AWS 最小特権ユーザーが提供されています。

次のステップ

  • 独自の Monitoring 指標を作成する場合は、カスタム指標をご覧ください。

  • API リファレンスで、Monitoring API の使用方法を確認する。

  • Cloud Logging および Cloud Logging と Cloud Monitoring の関係について、Logging のドキュメントで確認する。