グラフの共有

Cloud Monitoring のサポートを含むGrafanaを使用して、作成したグラフを共有できます。

Cloud Monitoring を Grafana のデータソースとして使用する手順は次のとおりです。

  1. Cloud Monitoring API を有効にします。有効にするには、次のボタンをクリックし、ツールバーで Google Cloud プロジェクトが選択されていることを確認して、[有効にする] をクリックします。

    [Cloud Monitoring API] ページを有効にする

    この Google Cloud Console ウィンドウでは、API は Stackdriver Monitoring API として表示されます。

  2. Resource Manager API を有効にします。有効にするには、次のボタンをクリックし、ツールバーで Google Cloud プロジェクトが選択されていることを確認して、[有効にする] をクリックします。

    Resource Manager API ページを有効にする、に移動します。

  3. サービスアカウントを作成し、その JSON ウェブトークンをパソコンにダウンロードします。

    1. Google Cloud Console の [認証情報] ページに移動するには、次のボタンをクリックします。

      API 認証情報ページに移動します。

    2. [認証情報を作成] をクリックし、[サービスアカウント]を選択します。

    3. サービス アカウント名とサービス アカウントの説明を入力します。[作成] をクリックします。

    4. [サービスアカウントの権限] ペインで「Monitoring」と入力し、[モニタリング閲覧者] のロールを選択します。[続行] をクリックします。

    5. [キーを作成] ペインで [キーを作成] をクリックし、[キーのタイプ] が [JSON] に設定されていることを確認し、[作成] をクリックします。

      キーがパソコンにダウンロードされると、確認ダイアログが表示されます。[閉じる] をクリックします。

    6. [完了] をクリックします。この手順を完了する必要があります

  4. Stackdriver データソースを Grafana に追加します。

Cloud Monitoring を Grada とともに使用する方法の詳細については、Grafana での Google Stackdriver の使用をご覧ください。