RabbitMQ プラグイン

RabbitMQ は、オープンソースの、AMQP 標準に基づいた、完全かつ信頼性の高いエンタープライズ メッセージング システムです。詳細については、rabbitmq.com をご覧ください。

検出

RabbitMQ プラグインが構成されていなくても、Monitoring は、Google Cloud Platform プロジェクトで実行されている RabbitMQ サービスを次の方法で検出します。

  • rabbit または rabbitmq のインスタンス名を検索
  • ファイアウォール ルールで 5672 に開かれるポートをチェック

検出されたサービスは、[リソース] メニューの [RabbitMQ Services] ページに表示されます。Monitoring エージェントをインストールし、インスタンス上の RabbitMQ プラグインを構成した後、Monitoring は、[RabbitMQ Services] ページにインベントリや指標を表示します。

RabbitMQ をモニタリングするための Monitoring の構成

モニタリング エージェントをインストールした後、次の手順でインスタンス上の RabbitMQ プラグインを構成します。

事前準備

RabbitMQ プラグインは、バージョン 5.5.0-315 以降のモニタリング エージェントを必要とします。エージェントを更新するには、エージェントのアップグレードをご覧ください。

RabbitMQ モニタリング プラグインを有効化する

RabbitMQ は、システム上のキューごとに構成されています。現時点では、ドロップイン構成は使用できません。次の構成ファイルは、QUEUE_NAME という名の 1 つのキューを構成する方法を示しています。

VM インスタンス上で、rabbitmq.confGitHub 構成リポジトリからダウンロードして、/opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ ディレクトリに置きます。

(cd /opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ && curl -O https://raw.githubusercontent.com/Stackdriver/stackdriver-agent-service-configs/master/etc/collectd.d/rabbitmq.conf)

ダウンロードした構成ファイルを編集し、キューに関する情報を追加します。インライン コメントは、どこに追加のキューの設定を追加する必要があるか示してします。QUEUE_NAME が見えるところはすべて、キューの名前に置き換えてください。

構成ファイルを編集した後、次のコマンドを実行して、Monitoring エージェントを再起動します。

sudo service stackdriver-agent restart

他のプラグインの構成オプションに関する情報は collectd.org をご覧ください。

モニタリング対象

RabbitMQ プラグインは、次の指標をモニタリングします。

  • メッセージ(数): 準備完了と未確認のメッセージの合計(キューの深さ)。
  • メッセージ レディ(数): クライアントに配信される準備ができたメッセージの数。
  • 未確認のメッセージ(数): クライアントに配信されたが未確認のメッセージの数。
  • コンシューマ(数): キューからメッセージを読んでいるコンシューマの数。
  • パブリッシュ レート(数/秒): ブローカーによって毎秒いくつメッセージがパブリッシュされたか。
  • デリバーレート(数/秒): 毎秒コンシューマにいくつメッセージが配信されたか。

詳細については、エージェント指標の一覧: RabbitMQ をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。