PostgreSQL プラグイン

PostgreSQL は、Linux、FreeBSD、Solaris、Microsoft Windows、macOS などの多くのプラットフォームで利用可能なオブジェクト リレーショナル データベース管理システムです。詳細については、postgresql.org をご覧ください。

状況

PostgreSQL プラグインが構成されていなくても、Cloud Monitoring は Google Cloud プロジェクトで実行されている PostgreSQL サービスを次の方法で検出します。

  • postgresql のインスタンス名検索
  • ファイアウォール ルールで 5432 に開かれているポートを確認

検出されたサービスは、[リソース] メニューの [PostgreSQL Services] ページに表示されます。Monitoring エージェントをインストールし、インスタンス上の PostgreSQL プラグインを構成すると、Monitoring はインベントリや指標を [PostgreSQL Services] ページに表示します。

PostgreSQL をモニタリングするための Monitoring の構成

Monitoring エージェントをインストールした後、次の手順でインスタンス上の PostgreSQL プラグインを構成します。

要件

PostgreSQL コレクションでは、password または md5 認証を使用してデータベースに接続することができる、最小限の権限を持つユーザー / 役割を作成する必要があります。このユーザーとパスワードは、以下の構成ファイルで STATS_USERSTATS_PASS と呼ばれています。一部のインストールはデフォルトによる ident 認証をするアクセス制御を設定します。このエージェントの役割のアクセスを可能にするために、pg_hba.conf ファイルを編集する必要があります。役割 stackdriver-agent に名前を付けたとして、これらの行のいずれかを pg_hba.conf ファイルに追加し、PostgreSQL を再起動する必要があります。

  • UNIX ドメイン ソケットを介して接続する場合:

    local all stackdriver-agent md5

  • ローカルホストへの TCP/IP を介して接続する場合:

    host all stackdriver-agent 127.0.0.1/32 md5

PostgreSQL モニタリング プラグインを有効化する

PostgreSQL は、システム上のデータベースごとに構成されています。現時点では、ドロップイン構成は使用できません。次の構成ファイルは、DATABASE_NAME という名の 1 つのデータベースを構成する方法を示しています。データベースのテンプレートとしてその構成を使用する必要があります。

VM インスタンス上で、postgresql.confGitHub 構成リポジトリからダウンロードしてディレクトリ /opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ に置きます。

(cd /opt/stackdriver/collectd/etc/collectd.d/ && sudo curl -O https://raw.githubusercontent.com/Stackdriver/stackdriver-agent-service-configs/master/etc/collectd.d/postgresql.conf)

root として、ダウンロードした構成ファイルを編集し、データベースに関する情報を追加します。インライン コメントは、どこに追加のデータベースの構成を追加する必要があるかを示してします。DATABASE_NAME となっているところはすべて、データベースの名前に置き換えます。

構成ファイルを編集した後、次のコマンドを実行して、モニタリング エージェントを再起動します。

sudo service stackdriver-agent restart

collectd postgresql プラグインの詳細については、プラグイン PostgreSQL をご覧ください。

モニタリング対象

PostreSQL プラグインがモニタリングする指標の詳細リストは、エージェントの指標 postgresql にあります。