依存関係をインストールする

は、

ノートブック インスタンスを作成した後、ノートブックが依存するソフトウェアをインストールする必要がある場合があります。依存関係をインストールするには、ターミナル ウィンドウを使うか、ノートブックのファイルにインストール コマンドを追加します。

ファイルにインストール コマンドを追加する利点は、ノートブックを共有している場合、依存関係をインストールするためのコマンドがノートブックに保存され、そのノートブックを共有しているユーザーが利用できることです。

テキスト ファイルに依存関係をインストールする

ノートブックのテキスト ファイルに依存関係をインストールする手順は次のとおりです。

  1. Cloud Console に移動します。

  2. [ノートブック インスタンス] を選択します。

  3. 開きたいノートブックの [JupyterLab を開く] を選択します。

  4. [File] -> [New] -> [Notebook] を選択します。選択すると、「Untitled.ipynb」という名前の新しいノートブックが作成されます。新しいノートブック用のカーネルを選択します。たとえば、「Python 3」です。ランチャーを使って Python 3 ノートブックを作成することもできます。

    ノートブック ファイルを追加する

    [File] -> [Rename notebook] を選択し、無題のノートブックの名前を「install.ipynb」のようなわかりやすい名前に変更します。

    ファイルの名前を変更する

  5. 新しいノートブックを開くと、依存関係をインストールするためのコード(この場合は Python 3)を入力できるデフォルトのコードセルが表示されます。たとえば、mxnet ディープ ラーニング ライブラリをインストールするには、コードセルに次のように入力します。!pip install mxnet

    ノートブック セルにコードを追加する

  6. 実行ボタンを押してインストール コマンドを実行します。

    実行ボタンを押す

  7. インストールが完了したら、Ctrl+S キーを押してノートブックを保存します。

ターミナルから依存関係をインストールする

ノートブックのテキスト ファイルに依存関係をインストールする手順は次のとおりです。

  1. ノートブックを開きます。

  2. [File] -> [New] -> [Terminal] を選択してターミナル ウィンドウを開きます。ランチャーを使ってターミナル ウィンドウを開くこともできます。

    ターミナル ウィンドウを開く

  3. ターミナル ウィンドウでコマンドを入力して、ノートブック インスタンスのソフトウェアへの依存関係をインストールします。たとえば、mxnet ディープ ラーニング ライブラリをインストールするには、次のコマンドを入力します。pip install mxnet

    ターミナル ウィンドウでコマンドを実行する

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Machine Learning Engine(Cloud ML Engine)