バージョン 2.3

ビルド ランタイム

ビルド ランタイムとはアプリが構築される環境です。

Buildpack ビルド Docker ビルド
システム ライブラリ スタックによる提供 ユーザー提供
ネットワーク アクセス Envoy サイドカーによる完全アクセス権 Envoy サイドカーによる完全アクセス権
ファイル システム ストレージなし ストレージなし
言語ランタイム スタックによる提供 ユーザー提供
ユーザー スタックによる指定 ユーザー提供
分離メカニズム Kubernetes Pod Kubernetes Pod
DNS Kubernetes による提供 Kubernetes による提供

環境変数

環境変数は、実行時にビルドに挿入されます。変数は次の順序で追加されます。ここで、後の値は同じ名前を持つ以前の値をオーバーライドします。

  1. スペース(管理者が設定)
  2. アプリ(デベロッパーが設定)
  3. システム(Kf が設定)

Kf により、次のシステム環境変数がビルドへ提供されます。

変数 目的
CF_INSTANCE_ADDR ビルドのクラスタ可視 IP:PORT。
INSTANCE_GUID CF_INSTANCE_GUID の別名。
CF_INSTANCE_IP ビルドのクラスタ可視 IP。
CF_INSTANCE_INTERNAL_IP CF_INSTANCE_IP の別名
VCAP_APP_HOST CF_INSTANCE_IP の別名
CF_INSTANCE_PORT ビルドのクラスタ可視ポート。
LANG Buildpack でスクリプトの読み込み順序の一貫性を保つために必要です。
MEMORY_LIMIT ビルドが使用できる最大メモリ量(MB)。
VCAP_APPLICATION アプリのメタデータを含む JSON 構造。
VCAP_SERVICES バインドされたサービスを指定する JSON 構造。