以前のバージョンの Migrate for Compute Engine(旧称 Velostrata)のドキュメントをご覧ください。このバージョンを引き続き使用することも、現在のバージョンを使用することもできます。

Cloud Extension 高可用性モデル

Cloud Extension は、アクティブ / パッシブモデルで高可用性を実現します。ワークロードはプライマリ Cloud Edge ノードを使用しますが、iSCSI マルチパスを使用してセカンダリ ノードにも接続します。プライマリ ノードに障害が発生した場合、ワークロードはセカンダリ ノードを使用するようにフェイルオーバーします。プライマリ ノードが回復すると、Migrate for Compute Engine はフェイルバックします。

Cloud Extensions の障害

Cloud Extension に障害が発生したときに、Cloud Edge ノードのいずれかまたは両方が障害を受けたかどうかによって異なった動きをします。

  • Cloud Edge ノードの 1 つだけが障害を起こした場合であれば、ほとんどのオペレーションは使用できますが、書き込みスループットは低下します。
  • 両方の Cloud Edge ノードに障害が発生した場合には、Cloud Extension に依存する VM はストレージにアクセスできなくなり、機能しなくなります。また、Cloud Extension は新しい VM をクラウドで実行できなくなります。このような場合は、以下のいずれかを実行します。
    1. 実行中の VM を元の環境に強制的に戻します。
    2. VM が完全にキャッシュされている場合は、Prepare to Detach オペレーションを実行します。
    3. VM を停止します。

Migrate for Compute Engine バックエンド、または Migrate for Compute Engine Manager が停止した場合に、Cloud Extension に障害が発生することもあります。この場合、取り得るアクションは限られています。

Cloud Extension が機能しなくなる原因は次のとおりです。

  1. 不完全なデプロイまたは最初のヘルスチェックの失敗。ネットワーク権限の構成が適切でないことが原因である可能性が高いです。 根本原因を修正した後、Cloud Extension を修復します。 Cloud Extension を修復すると、欠落しているコンポーネントの再作成、関連するヘルスチェックの実行、またはその両方が試行されます。修復が成功した場合、Cloud Extension はアクティブになります。
  2. VM ヘルスの問題。Cloud Extension を停止して起動させると、正常なホストで VM が再起動した後にこの問題が解決する場合があります。

データ損失の回避

1 つの Cloud Edge ノードに障害が発生すると、Cloud Extension はフェイルセーフ モードになります。 データが失われるのを避けるため、Cloud Extension の Cloud Storage 上のオブジェクト ストアにすべてのデータが書き込まれ、Cloud Extension のパフォーマンスが低下します。

次のステップ

詳細は、Cloud Extension のモニタリングを参照してください。