バージョン 4.11

Google Cloud の構成

Google Cloud Migrate for Compute Engine(旧称 Velostrata)を使用してアプリケーションを移行する前に、Google Cloud 組織を構成する必要があります。この構成により、Migrate for Compute Engine が移行を管理し、関連する他のコンポーネントと通信できるようになります。

Google Cloud の構成には、次に挙げるものが含まれます。

  1. Google Cloud アカウント、組織、インフラストラクチャ プロジェクトの設定。組織レベルの権限と、Migrate for Compute Engine が独自のインフラストラクチャに使用するプロジェクトも含まれます。
  2. Google Cloud でのネットワークの設定。移行に含まれるコンポーネント(Migrate for Compute Engine、Google Cloud、移行元の環境など)が Google Cloud Virtual Private Cloud 上のファイアウォールを介して相互に通信できるようにします。
  3. Cloud Shell を使用した Google Cloud のロールとサービス アカウントの作成。Migrate for Compute Engine がリソースを作成し、移行の際に使用される API を管理できるように権限を設定します。

始める前に

  • Google Cloud を構成する Migrate for Compute Engine スクリプトを実行する Google Cloud 組織管理者アカウントを決定しておく必要があります。
  • Google Cloud Virtual Private Cloud を設定しておく必要があります。Migrate for Compute Engine は Virtual Private Cloud を使用して Google Cloud と移行元環境間の通信をサポートします。
  • Google Cloud 組織は、移行の一部であるいくつかのコンポーネントの一つです。それぞれで構成タスクが実行されます。詳しくは、Migrate for Compute Engine アーキテクチャの説明をご覧ください。

Google Cloud アカウント、組織、インフラストラクチャ プロジェクトの設定

Google Cloud に移行するには、Google Cloud 組織が必要です。組織ができたら、Migrate for Compute Engine スクリプトにGCP でロールとサービス アカウントを構成する権限を割り当てます。Migrate for Compute Engine Manager をホストする Google Cloud インフラストラクチャ プロジェクトを作成します。

  1. Google Cloud Console に移動してログインします。まだアカウントをお持ちでない場合は、登録してアカウントを作成してください。
  2. 組織を設定するには、組織の作成と管理をご覧ください。詳細については、エンタープライズ企業のベスト プラクティスをご覧ください。
  3. アカウントとロールを作成するスクリプトを実行する管理者に、次の権限を割り当てます。

    • 組織のロールの管理者
    • 組織管理者
    • Compute 管理者
    • プロジェクト所有者

    Google Cloud アカウント、サービス アカウント、ロールなどの IAM のコンセプトについては、IAM の概要をご覧ください。

  4. Google Cloud に Migrate for Compute Engine インフラストラクチャをホストする Google Cloud プロジェクトを作成します。以降、このドキュメントではこれをインフラストラクチャ プロジェクトとします。

ネットワークの設定

Migrate for Compute Engine は、Google Cloud Virtual Private Cloud ネットワークと移行元環境への VPN 接続を使用します。また、移行が完了する前に特定のネットワーキング ルールを設定する必要があります。デプロイのファイアウォール、ルーティング、ネットワーク タグの詳細については、ネットワーク アクセスの要件を参照してください。

ネットワーク構成タスクでは、Google Cloud Virtual Private Cloud がすでにあり、ユーザーが Virtual Private Cloud ファイアウォール ルールに精通していることを前提としています。詳細については、Google Cloud Virtual Private Cloud をご覧ください。

サービス アカウントの作成

Migrate for Compute Engine で Google Cloud リソースの作成と Cloud Storage API の管理を行うために必要な Google Cloud のロールを指定してサービス アカウントを作成する必要があります。

複数の Google Cloud プロジェクトに移行する場合を除き、サービス アカウントはインフラストラクチャ プロジェクトで作成する必要があります。その場合、組織レベルで Migrate for Compute Engine Manager のロールを作成し、インフラストラクチャ プロジェクトで他のロールとサービス アカウントを作成します。

次のいずれかの方法でサービス アカウントを作成します。

次のステップ