バージョン 4.10. 以前のバージョンの Migrate for Compute Engine のドキュメントを表示しています。

Windows 適応

概要

Google Cloud Migrate for Compute Engine(旧称 Velostrata)では、Windows システムを対象に、OS 適応スクリプトをデフォルトで提供しています。また、次のディレクトリに保存することで、追加のスクリプトを利用することもできます。

c:\Program Files\Velostrata\UserScripts

レジストリは、VM が実行されている環境(MachineState)に応じて、起動時にスクリプト(UserTasks)を実行するように更新されます。

MachineState の 3 つのオプションは次のとおりです。

  • Origin - VM がオンプレミス環境にあるときに実行されるスクリプト
  • Velostrata - VM がキャッシュ モードで実行中のときに実行されるスクリプト。
  • Detach - 接続解除操作の後に実行されるスクリプト。

タスクはアルファベット順に順次実行されます。タスクの順序が重要な場合は、10_ResetWMI20_ConfigKMS のようにタスク名に数字の接頭辞を使用します。相対パスは正しく解決されないため、ユーザー スクリプトでは必ず絶対パスを使用してください。

PowerShell サポート スクリプト

Migrate for Compute Engine には、関連する VM でのユーザー スクリプトのインストールを簡素化する PowerShell モジュールがあります。スクリプトは、ユーザーの入力を検証して不整合な状態を回避し、ユーザー スクリプトを UserScripts ディレクトリにコピーして、必要に応じてツリーを作成します。また、PowerShell モジュールにより、関連するレジストリキーとツリーも作成され、適切な値が入力されます。

モジュール名: MigrateForGCEUserScripts.psm1

使用できるコマンド: Install-VelosUserScriptRemove-VelosUserScript

サポート スクリプトを使用するには:

  1. モジュールをインストールします。
  2. ダウンロード ページから PowerShell ユーザー スクリプトをダウンロードします。
  3. モジュールをインポートします(デプロイメントに正しいパスを使用します)。

    Import-Module .\MigrateForGCEUserScripts.psm1 -force

  4. 構成する OS 適応スクリプトまたはタスクごとにサポート スクリプトを実行します。例:

    Install-VelosUserScript -FilePath .\resetWMI.ps1 -TaskName "10_ResetWMI" -MachineState Detach -TaskType RunAlways -Platform GCP 
    ここで

    • FilePath は、スクリプトのファイル名とパスで、相対パスど絶対パスのどちらでも指定できます。

    • TaskName はタスクに使用する一意の名前です。上記の順序に関する注意事項をご覧ください。

    • MachineState は、次の 3 つのオプションのいずれかになります。

      • Origin - オンプレミス環境。
      • Migrate for Compute Engine - スクリプトは、VM がキャッシュ モードで実行されているときに実行されます。
      • Detach - スクリプトは、接続解除操作の後に実行されます。
    • TaskType は次のオプションのいずれかになります。

      • RunOnce - タスクは次回起動時に 1 回実行され、その後、削除されます。
      • RunAlways - タスクは起動するたびに実行されます。
    • Platform は、VM を実行している環境で、次のいずれかになります。

      • Aws
      • All
  5. スクリプト削除コマンドは、タスクが存在することを確認し、レジストリからタスクを削除します。また、必要に応じて、スクリプト ディレクトリからも削除します。

    Remove-VelosUserScript -TaskName "ResetWMI" -MachineState Detach -DeleteScriptFile

    ここで

    • TaskName は、scriptInstall で使用されるものと同様です。
    • DeleteScriptFile は、省略可能なパラメータです。例:
      Install-VelosUserScript -FilePath .\KMS\Config-Kms_AWS.ps1 -TaskName "10_configKMS" -MachineState Velostrata -TaskType RunAlways
      Remove-VelosUserScript -TaskName "10_configKMS" -MachineState Velostrata -DeleteScriptFile