Windows 検出ツールの使用

Migrate for Anthos は、Windows VM ワークロードで実行できるセルフサービス ツールを提供します。このツールを使用すると、コンテナに移行するワークロードの適合性を判定できます。

このツールは、Windows VM が移行に適しているかどうかを示す zip ファイルを出力します。検証の結果がファイル名に示されます。

  • info-hostname-timestamp.zip は、VM が移行に適していることを示します。
  • info-hostname-timestamp-NOFIT.zip は、VM が移行に適していないことを示します。通常、IIS が存在しないか、正しいバージョンでない場合、結果は NOFIT になります。

ツールの仕組み

Migrate for Anthos は、Windows VM で Microsoft IIS 7 以降を実行する必要があります。この検出ツールは IIS と一般的なシステム情報を収集します。

前提条件

Windows 検出ツールを実行するには:

  • 64 ビット版の Windows が必要です。
  • Windows VM の管理者である必要があります。

ツールをダウンロードして実行する

このツールは、単一の .exe ファイルとしてパッケージ化されています。ツールを実行する前にダウンロードする必要があります。

VM を評価するには:

  1. VM にログインします。

  2. ツールのディレクトリを作成します。

    > mkdir m4a
    > cd m4a
  3. https://storage.googleapis.com/anthos-migrate-release/v1.6.0/windows/amd64/collect_info.exe から VM にツールをダウンロードします。

  4. VM で管理者としてツールを実行します。

    ファイル マネージャーでツールを右クリックし、[管理者として実行] を選択するか、管理者として PowerShell コマンド ウィンドウを開きます。

    > collect_info.exe

    このツールは、info-hostname-timestamp.zip または info-hostname-timestamp-NOFIT.zip という名前の zip ファイルを現在のディレクトリに出力します。

    タイムスタンプの形式は YYYMMDDhhmmss です。zip ファイルの詳細については、出力の zip ファイル形式をご覧ください。

    必要に応じて、-o オプションを使用して出力ディレクトリのパスを指定できます。例:

    > collect_info.exe -o /home/mydir

    ヘルプ情報を表示するには、次のコマンドを使用します。

    > collect_info.exe -h

zip ファイル形式の出力

出力される zip ファイルには次のものが含まれます。

  • log.log という名前のログファイル。
  • ツールのバージョンを含む collect_info_version.txt という名前のファイル。
  • システムに関する情報を含むディレクトリ:
    • computer_info
    • iis
    • gac
    • odbc

以下では、各ディレクトリの内容について説明します。

computer_info ディレクトリ

computer_info ディレクトリには以下のものが含まれています。

ファイル 説明
hosts.txt マシン hosts ファイルのコピー
installed_programs.json インストール済みプログラムに関する情報
ipconfig_out.txt ipconfig /all の出力。
msinfo32_out.txt msinfo32 ユーティリティからの報告。
netstat_out.txt すべての接続とリスニング ポートに関する情報。各接続またはリスニング ポートの作成に関連する実行ファイルの情報も含まれます。
routing_tables.txt マシンのルーティング テーブル。
schedtasks.csv スケジュール設定されたタスクの情報
systeminfo_out.csv systeminfo ユーティリティの出力(CSV 形式)。
win32_product_installed_programs.json Win32_Product WMI クラスで提供されるインストール済みプログラムに関する情報。
windows_features.json Windows の機能に関する情報。

iis ディレクトリ

iis ディレクトリには、IIS、サイト、.NET の構成に関する情報と、アプリケーションの理解に役立つ追加情報が含まれています。

このディレクトリには次のファイルが含まれます。

ファイル 説明
Framework[64]_v<version>_config 各フレームワークとバージョンのすべての .NET グローバル構成ディレクトリのコピー。

global.configs と machine.configs が含まれます(例: Framework_v2.0.50727_configFramework64_v4.0.30319_config)。この情報のソースは %windir%\Microsoft.NET\Framework[64]\version\config です。

iis_config 構成ファイルとスキームを含む IIS 構成ディレクトリのコピー。
sites_files ディレクトリには、IIS サイトからエクスポートされたファイル(つまり、サイト内のすべての web.config ファイルのコピー)が含まれています。
sites.json IIS で構成されたすべてのサイトの情報とファイルの ACL 情報。各サイトのディレクトリの再帰的なリストも含まれます。
version.txt IIS のバージョン。

iis ディレクトリでの Secret の処理

構成ファイルとディレクトリ(IIS、グローバル .NET、サイト)のコピーに Secret が含まれる場合があります。これらのファイルには、applicationHost.configweb.config などがあります。

collect_info.exe ツールは、これらのファイル(.NET 3.5 以降の形式)に含まれる接続文字列からパスワードを除外します。パスワードはすべて *** で置換されます。他の機密情報は、出力 zip ファイルから手動で削除できます。

gac ディレクトリ

gac ディレクトリには、.NET グローバル アセンブリ キャッシュの情報が含まれています。

ファイル 説明
clr2.txt CLR2.0 GAC のアセンブリのリスト。
clr4.txt CLR4.0 GAC のアセンブリのリスト。

odbc ディレクトリ

odbc ディレクトリには、ODBC DSN とインストール済みドライバに関する情報が含まれています。

ファイル 説明
system_dsn_32.reg エクスポートされたレジストリ。32 ビットのシステム DSN とドライバのすべての情報が含まれます。
system_dsn_64.reg エクスポートされたレジストリ。システム DSN とドライバの 64 ビットに関するすべての情報が含まれます。
user_dsn.reg エクスポートされたレジストリ。32 ビットと 64 ビットのユーザー DSN とドライバのすべての情報が含まれます。

odbc ディレクトリでの Secret の処理

ODBC DSN に Secret が含まれる場合があります。collect_info.exe ツールは、エクスポートされた .reg ファイルからパスワードを除外します。他の機密情報は、出力 zip ファイルから手動で削除できます。

次のステップ