外部ボリュームのマウント

このトピックでは、Migrate for Anthos and GKE を使用して移行したワークロードに追加のボリュームをマウントする方法について説明します。ワークロードが、永続ボリュームにコピーされていない外部ボリュームに依存している場合は、この方法をお試しください。

Migrate for Anthos and GKE ワークロードに外部ボリュームを追加するには:

  1. ボリュームを spec.containers.volumeMountsStatefulSet に追加します。詳しくは、Kubernetes Volumesをご覧ください。
  2. 目的のマウント ポイントのコンテナにボリュームをマウントします。これは、コンテナのオペレーティング システムによって異なります。

次の例では、ボリューム emptydir/tmp にマウントします。

apiVersion: apps/v1
kind: StatefulSet
metadata:
  creationTimestamp: null
  labels:
    app: app-my-vm-instance-1
    migrate-for-anthos-type: workload
  name: app-my-vm-instance-1
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      app: app-my-vm-instance-1
      migrate-for-anthos-type: workload
  serviceName: app-my-vm-instance-1
  template:
    metadata:
      creationTimestamp: null
      labels:
        app: app-my-vm-instance-1
        migrate-for-anthos-type: workload
    spec:
      containers:
      - image: gcr.io/my-project/my-vm-instance-1:v1.0.0
        name: app-my-vm-instance-1
        readinessProbe:
          exec:
            command:
            - /code/ready.sh
        resources: {}
        securityContext:
          privileged: true
        volumeMounts:
        - name: emptydir
          mountPath: /tmp
        - mountPath: /sys/fs/cgroup
          name: cgroups
        - mountPath: /code/config/logs/
          name: logs-config
        - mountPath: /<folder>
          name: pvc-my-vm-instance-1
          subPath: <folder>
      volumes:
      - name: emptydir
        emptyDir: {}
      - hostPath:
          path: /sys/fs/cgroup
          type: Directory
        name: cgroups
      - configMap:
          name: app-my-vm-instance-1
        name: logs-config
      - name: pvc-my-vm-instance-1
        persistentVolumeClaim:
          claimName: pvc-my-vm-instance-1
  updateStrategy: {}
status:
  replicas: 0